+VISION

vol.1//

特許から見える新生活

機械学習での献立提供プログラム

夕食の献立メニュー

自宅でアスリート並みの食事ができる!

キッチンで食事を作る前に必ず行うのは献立を決めること。
主菜は何にしよう?副菜は何品?栄養バランスはもちろん、季節感や、味付けや彩りなど、献立決定のプロセスは色々な要素を絡めた煩雑な作業。毎日続けていくのは大変な労力ですよね。 そんな日々の献立決めに強力な助っ人が登場!それがこの献立提供装置です。栄養面や主菜副菜のバランスはもちろん、最大の特徴は、食材の数、制限時間、料理の手数、道具の使用数、主になる食材の重複を避ける等など、キッチンに立った人が考える実務的な条件をクリアした献立が提案されること!献立を組み立てる数々のルールのなかから適合するものを選び出し、栄養士などの専門家が組み立てる献立にどれくらい近いのかを判定するという技術が使われています。将来的にはお料理ロボットにこの装置を利用させる構想もあります。朝はロボットが用意した完璧な朝ごはんが時間通りにできあがっている!なんて未来もそう遠くはないかも!?

■発明のポイント

ホログラム再生装置

サムスンホログラム

テレビ電話をよりもっとリアルに!

皆さん、「ホログラフィー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ホログラフィーとは、“光の回折とを利用して立体画像を記録再生する方法”のことを指し、物体の形状や大きさの計測(光計測)や立体表示の分野にて主に利用されています。

最近になって、サムスンがこのホログラム再生装置を搭載した「スマートフォン」を開発していることが明らかになっており、特許申請も行われています。

従来の技術では、光の回折を上手くコントロールすることができず、大きくて品質の悪いホログラム映像しか作り出せませんでしたが、彼らの特許技術では、特殊なフィルターを装置内に設置することによって、コンパクトで高品質なホログラフィー像を提供し、加えてホログラム再生装置の小型化も可能にしています。 

今回の特許発明(ホログラム電話)によって、“家にいても友達同士集まって会話できて一人暮らしの寂しさも解消”、そんな生活が近い将来現実になること間違いなしです。

■発明のポイント

う〇こチェック機能付トイレ

健康チェックトイレ

次世代型トイレで健康維持!

自分でできる健康チェックといえば、思い浮かべるのは体温や血圧の測定。
それらももちろんアリですが、実は大便の性状で健康状態が簡単にわかることはご存知でしょうか? 健康的な大便はするりと出た黄褐色のソフトなバナナ状と言われ、そうではない場合は何らかの異常が発生していることがわかります。そんな体からのお“便”りを、読み解かずして水に流してしまうにはもったいない! それならトイレにお任せしちゃいましょう、と発明されたのが<健康状態のより精緻な推定結果が得られる便器装置>。毎日用を足すだけで、トイレがあなたに代わって便の状態をチェックしてくれるのです。この発明のキモとなるのが、便器内部に据えられた特殊なカメラ。排泄した大便を撮影し、性状から推定した情報をもとにライフスタイルの改善アドバイスまで行ってくれるという優れモノ。健康チェックのスタンダードがトイレとのコミュニケーション、という未来も近いかも?

■発明のポイント

シャツ折り畳み装置

全自動衣類折りたたみ機ランドロイド

夢の洗濯物折りたたみロボット!

皆さん、「ランドロイド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「ランドロイド=ランドリーをするロボット」つまり、洗濯作業を担ってくれるロボットです。洗い終わって乾燥まで済んだ衣類を装置へいれるだけで、自動で折り畳み、仕分けまで行ってくれる超優れモノです。
これまでも衣類の自動折りたたみ装置はありましたが、折りたたむ際に衣類が装置の部材に引っ張られることにより“衣類にダメージをうける”という課題がありました。
今回紹介する特許発明は、装置の部材に「回転機構」を設ける工夫を施すことで、衣類へダメージを与えることなく折りたたむことを可能にしています。また、装置もシンプルでメンテナンス・修理が行いやすく、コストも安価です。
今回の発明は、特にクリーニング店などのお困りごとを解決するソリューションになること間違いなしです。

■発明のポイント

全自動衣類折りたたみ機ランドロイド

本発明は、シャツなどの衣類を折りたたむ装置に関する発明であって、主に「載置部材(上図31)」、「回転機構」および「板状部材(上図321, 322等)」から構成されます。 まず、シャツなどの衣類(被折りたたみ物)は、載置部材にその一部が垂れ下がるように載置されます。板状部材が、回転機構によって回転させられ載置部材に接近し、載置部材31と第1板状部材321との間でシャツの一部が挟まれることで折りたたまれます。 続いて、第1板状部材321と第2板状部材322の回動によってシャツの他の一部が折りたたまれ、更に第2板状部材322と第3板状部材323の回動により、シャツの残りの部分が折りたたまれます。

全自動衣類折りたたみ機ランドロイド

本発明によれば、衣類へのダメージやストレスを与えにくくすることができます。また、折りたたみ装置の構成を簡略化し、メンテナンス及び修理がしやすく、加えて安価にすることもできます。

■権利範囲

特許成立した請求の範囲(概略)は以下の通りです。
【請求項1】
被折り畳み物の一部が垂れ下がるように載置可能な載置部材と、前記載置部材の第1面を回転させる回転機構と、前記回転機構により前記載置部材を回転させることによって、前記被折り畳み物の一部を前記載置部材の近傍に位置させた後、前記被折り畳み物の一部を挟み込むように前記載置部材側に移動可能な複数の板状部材とを備えた、折り畳み装置。
回転機構を利用した衣類の折りたたみ装置は、本発明の権利範囲に含まれる可能性があり、競合他社は注意する必要があります。

■概要

発明の名称:折り畳み装置、運搬装置、折り畳み方法および載置装置
出願番号:特願2008-534410
特許番号:特許第5147017
出願日:平成19年9月14日(2007.9.14)
登録日:平成24年12月7日(2012.12.7)
出願人 :株式会社アイ.エス.テイ
経過情報:2012年12月7日に特許登録がなされ、現在も登録は維持されています。特許存続期間の満了日は2027年9月14日となっています。

<免責事由>
本解説は、主に発明の紹介を主たる目的とするもので、特許権の権利範囲(技術的範囲の解釈)に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解を示すものではありません。自社製品がこれらの技術的範囲に属するか否かについては、当社は一切の責任を負いません。技術的範囲の解釈に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解については、特許(知的財産)の専門家であるお近くの弁理士にご相談ください。

人より綺麗に掃除

掃除ロボット

なぜ正確?お掃除ロボットの謎

現広く普及している床領域を掃除する全自動お掃除ロボットに関する特許発明を紹介します。
この特許発明は、ロボットが普及し始める以前(2001年)にイギリスにて出願さ れ、国際出願を経て日本に出願されたものです。

この特許発明が出願される以前は、ロボットが移動するマップを構築するための情報収集 の際に誤差が蓄積してしまい、正確なマップを作成できないという課題がありました。 これに対して、この特許発明では、ロボットが移動してマップ内の前のポジションに戻る 際に、現在のポジションと前のポジションとが同一になるようにマップを修正することで 、誤差の蓄積を抑えて正確なマップを作成可能にしています。

このように、この特許発明は、現在広く普及している全自動お掃除ロボットの進化過程を 体感できる内容です。

■発明のポイント

本発明の自律マシンの具体例であるロボット真空掃除機100は、図1及び図2に示すよ うに、トラクションモーターによって前進方向あるいは後退方向に駆動できる駆動ホイー ル104を備えており、トラクションモーターのそれぞれを独立的に制御することで全区 域移動が可能になっています。また、掃除機100には、障害物の存在などの情報を得る ための複数のセンサー、オドメトリー情報を得るためのオドメトリーホイール、及び、こ れらの情報から作業領域のマップを作成してマップに基づいて掃除作業を行わせるための ナビゲーションシステムが設けられています。

図6

掃除ロボット

図7

掃除ロボット

掃除機100が最初にスタートする際、掃除機100は自身が配置される領域の知識を持 っていません。このため、掃除機100はまず、作業する領域の知識を獲得するために、 この領域をスキャニングします。例えば、図4及び図5に示すように、掃除機100をポ イントAからスタートしてスキャニングを行います。掃除機100は、部屋の境界回りで 航行を行い、連続的に壁405や障害物420~426の存在を検知して、自身が壁や障 害物から所定の距離だけ離れた状態を維持します。掃除機100は、自身が部屋の境界を たどる間に獲得した経路に関する情報を連続的に記録します。掃除機100は、オドメト リーホイールセンサー160、162から移動距離および移動方向に関する情報を取り出 します。このとき、ナビゲーションシステムは、規定距離間隔で、掃除機100の方向に おける角度変化(前のサンプルにおける方向との比較で)のサンプリングを行い、さらに 作業領域のマップを構築するため掃除機100がたどる経路を詳細にプロットします。

図4

掃除ロボット

図5

掃除ロボット

図8には図4に示す部屋のマップの実例を示しています。境界周囲の掃除機100の経路 の各ポイントは、このマップ上の座標によって規定されます。そして、掃除機100は、 境界に沿って以前訪れたポジションに戻ってきたかどうかを確証します。具体的には、角 度経路データの直近のLメートル値と経路データの以前のLメートルブロックを比較しま す。その後、現在のポジションと前のポジションとが同一になるようにマップを修正しま す。これにより、誤差の蓄積を抑えて正確なマップを作成可能にしています。その後、掃 除機100は、誤差の蓄積が抑えられた正確なマップを利用して、作業領域の掃除作業を開始することができます。

図8

掃除ロボット

■概要

発明の名称:自律マシン
出願番号:特願2003-542414号
特許番号:特許第4249624号
登録日:平成21年1月23日(2009.1.23)
出願人:ダイソン・テクノロジー・リミテッド
経過情報:2009年1月23日に特許登録がなされましたが、現在は年金不納により登録抹消されています。

<免責事由>
本解説は、主に発明の紹介を主たる目的とするもので、特許権の権利範囲(技術的範囲の解釈)に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解を示すものではありません。自社製品がこれらの技術的範囲に属するか否かについては、当社は一切の責任を負いません。技術的範囲の解釈に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解については、特許(知的財産)の専門家であるお近くの弁理士にご相談ください。

スマートクローゼット

おしゃれコーデ

今日は何着よう?からの解放

みなさんは、毎日コーディネートを考えるのにどのくらい時間をかけているでしょうか。
働き方改革の流れもあって、会社員の方でもスーツから私服勤務へと変わり、ファッションへ気を使う必要が出てきた方もいるかもしれません。
とはいえ、毎朝ただでさえ忙しい出勤前の準備時間に、コーディネートを意識して着る服を決めるのはストレスに感じる方も多いでしょう。
しかもコーディネートが決まらないと、その日1日は気分があまり乗りませんよね。
そんな悩む時間や労力を嫌って、Appleのスティーブ・ジョブズやFaceBookのマーク・ザッカーバーグが同じ服を着るという話は有名です。
ただ、われわれが実際に毎日同じ服を着ていくというのは、やはり抵抗感があります。
この悩みを解決してくれるのが、今回紹介する発明「スマートクローゼット」です。
スマートクローゼットは、登録したあなたのファッションアイテムから最適なコーディネートを機械学習で提案してくれます。 日常生活を少し未来に変える特許を紹介します。

■発明のポイント

本発明は、バーチャル評価システムおよびプログラム、いわゆるAI領域の機械学習に関するものとなっています。
具体的には、選んだファッションアイテムに合うファッションアイテムをバーチャル評価システムが予測して提案する、という発明です。
本発明で画期的なポイントは、これまでの一般的な機械学習とは異なる手法とったことで、正確性の高い予測をより低コストで実現できるところでしょう。

機械学習はある入力値に対して、プログラムやアルゴリズムで評価を行い予測値を返します。
今回の発明の特許範囲は、まさにこのプログラムやアルゴリズムなわけですが、一般的に機械学習の正確性を高めるためには踏むステップは次のとおりです。
ある評価基準をベースにプログラムやアルゴリズムを構築し、大量の教師データを学習させて数値化させます。
そして、入力値に対する予測値の返すロジックを決定、ユーザからのフィードバックでさらに学習し練度を高めるという流れです。
しかし、このような機械学習の手法には次の2つの課題がありました。

● ベースとなる評価基準は扱うアイテムのプロ目線で決められることが多いが、人のバイアスなのでバラツキが発生して正確性に欠ける
● 教師データの学習や数値化にセンシングを用いられるが、時間とコストがかかるため十分なデータ量を得るまでのハードルが高い

本発明ではこの課題を、ユーザ間の特徴量知覚の相関、つまり似た好みやセンスを持つユーザの評価基準を教師データとして適用させることで解決しました。

おしゃれコーデ

バーチャル評価システムの構成は、上図のとおりユーザのアプリ操作端末と計算処理部、データベースの大きく3つです。
基本的には、アプリでユーザが決めたアイテムの特徴量と評価値をデータベースへ保存し、そのデータをもとに計算処理部で入出力の相関関係を学習するシステムを構築しています。
入出力の相関関係は、ユーザとエキスパートの入力・出力をクロス分析することで、より高い精度を実現しています。

具体的なバーチャル評価システムの流れは、次の図のとおりです。

おしゃれコーデ

ユーザから推薦リクエストがあると、そのリクエスト対象アイテムに対して上図のフローが走ります。
最終的にバーチャル評価システムが予測する結果をもとに、推薦アイテムをユーザ端末へ表示される、という仕組みです。
さらに、予測の試行回数を重ねるごとに予測結果をデータベースへ蓄積、さらに予測値の精度を高めるループを形成しています。

■権利範囲

特許出願のクレーム範囲(概略)は以下の通り。
【請求項1】
以下の構成を含むホログラム再生装置
・ホログラムパターンを表示するディスプレイ
・ディスプレイの前画面に配置され、ディスプレイから放出された光を集光するマイクロレンズを含むレンズアレイを備える第1のレンズユニット
・第1のレンズユニットにて集光された光をさらに集光するマイクロレンズを含むレンズアレイを備える第2のレンズユニット
・ホログラムを描く空間光変調器(SLM)
・再生光をSLMへ誘導するための導光板
・SLMの前画面に配置され、回折光を調整するフィルター
・回折光を集光するレンズ
上記のような構成を持つホログラム再生装置は、本発明の権利範囲に含まれる可能性があり、競合他社は注意する必要がある。

■概要

発明の名称:バーチャル評価システムおよびプログラム
出願番号:特願2017-129527(P2017-129527)
登録番号:-
出願日:平成29年6月30日(2017.6.30)
公開日:平成30年1月11日(2018.1.11)
出願人:SENSY株式会社
経過情報:審査請求は未請求状態 米国へ優先権主張で出願中

<免責事由>
本解説は、主に発明の紹介を主たる目的とするもので、特許権の権利範囲(技術的範囲の解釈)に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解を示すものではありません。自社製品がこれらの技術的範囲に属するか否かについては、当社は一切の責任を負いません。技術的範囲の解釈に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解については、特許(知的財産)の専門家であるお近くの弁理士にご相談ください。

動くIoTベッド&枕

寝具おすすめ

より快適に眠るための環境作り

疲労回復に大切な睡眠を十分にとるための手助けを補助します。身近な製品に特許の技術が活かされている例をご紹介します。
年齢を重ねると思うように睡眠がとれなくなる人が多いようです。十分に睡眠が取れれば疲労が回復して次の日の活力も生まれ、充実した日々が送れるのになぁ、と思っている人も多いようです。十分な睡眠をとるためには、サプリメント、場合によっては薬を利用することもあります。しかし、できれば眠るときの環境を工夫することによって自然な眠りを取りたいものです。
近年、眠りについての研究も進み、「眠りとは何か」の他に「より快適に眠るための環境作り」の研究も進んでいます。特に、寝具に関わる研究は進歩しているようです。研究結果を活かしたベッドや枕もいろいろと販売されています。
今回、そのような研究を活かした寝具について、特許出願されたベッドや枕の発明例を詳しくご説明します。

■発明のポイント

<ベッド>

本発明は、より快適な眠りを提供できる電動家具(ベッド)です。

本発明のベッドは、制御部42を含みます。この制御部42が、快適な眠りを提供するためにベッドを様々にコントロールします。

 本発明の電動家具310では、例えば図1に示すように、マットレス(図示なし)の下に検出部60(例えばセンサ62)が設けられます。検出部60は、マットレスの上にいる使用者の体動などの生体信号を検出します。得られた生体信号によって、使用者がどのような状況にあるかを予想したうえで、制御部42によってマットレスの形状を変えるように設計されています。

図1

電動寝具おすすめ

電動家具(ベッド)の主なしくみの具体例は、次の通りです。概要を説明しますと、使用者が入眠したことを生体信号によって検知してから、さらに生体信号を取り続けて、より深い眠りに入ったと検知したときに、ベッドの形状をより快適な形状へと変えるように電動家具(ベッド)が構成されています。

詳しく説明しますと、まず、使用者が「睡眠」に入ったと判定します。この判定は、生体信号(呼吸数または心拍数など)に対応する信号SSの変動ΔSが、小さくなった事実を基にして行われます。

「使用者が睡眠状態である」と判定された時刻から例えば0分を超え120分以下の所定の時間(20分など)が経過すると、第1入眠動作HS1へ移行します。

第1入眠動作HS1は、例えば、使用者の生体信号に対応する信号SSを取得する動作です。使用者の体の動きなどを検出することになります。

そして、制御部42は、生体信号の変動が所定の条件(第1変動条件)を満たしたときに、第2入眠動作HS2を実施します。所定の条件(第1変動条件)とは、例えば心拍数がより少なくなったときです。

第2入眠動作HS2では、例えば図2(b)から(c)への変化のように、マットレスをよりフラットな状態へ変化させます。

なお、使用者の好みに応じて、図2(e)に示すようにベッドを複雑な形状に変化させることもできます。

図2

電動寝具おすすめ

本発明の電動家具は、上述したような特徴を備えるだけでなく、より快適な眠りを提供するために、例えば睡眠中における工夫も備わっています。

睡眠状態に「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があることはご存じと思います。「ノンレム睡眠」のときの脳は十分に休んでいる状態であり、一方、「レム睡眠」のときの脳はやや活発化している状態です。

上述したように検出部60で生体信号を検出することによって、使用者がどちらの睡眠状態であるかを予想することができます。

例えば図4(a)の縦軸に示すように、使用者の信号SSは睡眠中に変動ΔSを示します。例えば、第1信号状態st1は、レム睡眠に対応すると考えられ、第2信号状態st2は、ノンレム睡眠に対応すると考えられます。

図4

これに対応するように、例えば図2(b)のθ2、及び、図2(c)のθ1に示すように、ベッドの角度を変更して、より快適な眠りを得ることもできます。

例えば、レム睡眠からノンレム睡眠に移行するときにベッドの角度をフラットからθ2へ増大させてもよく、ノンレム睡眠からレム睡眠に移行するときにベッドの角度をフラットへ変化させることもできます。

なお、ベッドの構造は図1に示した構造に限定されていません。例えば図6及び図7に示すように、使用者の身長方向に並んだ複数の複数のエアセル76aでマットレス76が構成されていてもかまいません。エアセル76aに入れる空気量を調整することでエアセル76aの高さを調節できるため、マットレスの形状を自由に変更できます。これにより、上記と同様に快適な眠りを得ることができます。

図6

図7

経過情報:2019年12月6日に特許登録がなされ、現在も登録は維持されています。特許存続期間の満了⽇は2038.12.4となっています。

■発明のポイント

<枕>

本発明は、適した高さを簡便に設定する枕です。

本発明の枕は、使用者の頭部を支持する膨縮部11と、膨縮部11を膨縮させる膨縮機構12と、使用者情報を取得して使用者情報に応じて膨縮機構を制御する制御部14と、を備えています。

例えば、制御部は、使用者情報として、使用者の頭部荷重、使用者の呼吸状態、使用者の寝姿勢などを検出するように設計されています。

詳しくは、図1、図2、図4、及び、図6をご覧頂けるとわかりやすいと思います。図1では、上側に使用者の頭の頂部が配置され、下側に首元(胴体側)が配置されます。図2は、図1を横方向に延びる直線に沿って、枕を切断した断面図です。図4は、枕の概念を表すブロック図です。図6は、使用者の使用例を模式的に示した図です。

図1

図2

図4

図6

具体的に説明しますと、制御部14が、使用者Pの頭部荷重(使用者情報)を取得することによって、使用者Pの頭部荷重に応じて膨縮機構12をコントロールできます。例えば、頭部荷重が高いときには膨縮機構12が膨縮部11を膨張させ、頭部荷重が低いときには膨縮機構12が膨縮部11を収縮させます。これにより、使用者Pを適した高さで支持することができます。

さらなる例では、制御部14が、呼吸状態(使用者情報)を取得することによって、呼吸状態に基づいて、使用者Pが睡眠時無呼吸状態であるか否かを判定できます。使用者Pが睡眠時無呼吸状態であると制御部14が判定した場合は、例えば図6(A)から(B)への変化で示すように、膨縮機構12を制御して、膨縮部11のうち首元側Fの高さを頭頂側Hの高さよりも高くできます。これにより、使用者Pに、睡眠時無呼吸状態の予防用の特別な装置を取り付けることなく、使用者Pの気道P1を確保することができます。よって、眠時無呼吸状態を緩和できます。

また、制御部14が、使用者の寝姿勢(例えば、仰臥位、側臥位)を使用者情報として取得することによって、寝姿勢に応じて適した高さに設定できます。よって、睡眠時の寝返りに対応して高さを自動的に調節し、寝違いや肩こりを抑制することができます。

なお、スマートフォンなどの入力部41を利用することもできます。制御部14は、使用者の好みの枕高さを入力したスマートフォンを利用して、使用者の希望する枕本体24の高さ(膨縮部11の膨縮の程度)情報の入力を受け付けることができます。

以上ご説明しましたように、睡眠中に高さを自動的に調節できる上記の枕も、アイデアが詰まった注目発明です。

経過情報:2019年9月13日に拒絶理由通知書が発送され、2019年11月6日に手続補正書と意⾒書が提出され、いまも審査に係属中です。現時点ではまだ特許になっていません。

■概要

発明の名称:電動家具
出願番号:特願2018-227422
特許番号:特許第6626951号
出願⽇:平成30年12月4日(2018.12.4)
登録⽇:令和1年12月6日(2019.12.6)
出願⼈ :パラマウントベッド株式会社

■概要

発明の名称:枕装置
出願番号:特願2016-80413
公開番号:特開2017-189382
出願日 :平成28年4月13日(2016.4.13)
公開日 :平成29年10月19日(2017.10.19)
出願人 :パラマウントベッド株式会社

<免責事由>
本解説は、主に発明の紹介を主たる目的とするもので、特許権の権利範囲(技術的範囲の解釈)に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解を示すものではありません。自社製品がこれらの技術的範囲に属するか否かについては、当社は一切の責任を負いません。技術的範囲の解釈に関する見解及び発明の要旨認定に関する見解については、特許(知的財産)の専門家であるお近くの弁理士にご相談ください。

INTERVIEW

パンツ×QRの未知なる媒体

マスメディアやWEBメディア、そしてSNSなどのソーシャルメディア。世の中には実に様々な媒体があるが、そのどれにも属さないまったく新しいメディアが誕生した。それは、なんと下着に着目したメディア。パンツ裏側にQRコードなどの情報を配置したもので、ウェアラブル・メディアとでも呼ぶべき代物だ。「トイレ=スマホ片手にひとりで暇を持て余す空間」と捉え、トイレでパンツを脱いだ際に、股部分に付けたQRコード等が露出。トイレタイムを利用してアクセスを促すというアイテムだ。そんな奇想天外なメディアを生みだしたのは一体どんな人物なのか、そして開発をめぐってどんなストーリーがあったのか、特許を取得された発明者にお話を伺った。

ライター

TOMOHIRO SHIMIZU

清水 友大


20代でクレジットカード加盟店業務の会社を設立し、2020年で10年目を迎える清水友大氏。常に成長していく自分でありたいというのが信条。趣味は「体を動かすこと」で、早朝ランニングや休日のフットサルなど、週2回の運動がかかせない。

——「そんなのアリ…!?」という、かなりユニークなアイデアなのですが、そもそもどうして、QRコード付きのパンツを作ろうと思いついたんですか?

実は、街ナカなどで見かける広告ポスターなんかにQRコードが記載されているのをみて、「これって誰が読み取るのかな。読み取っている姿を人に見られるのも恥ずかしいし、ここに付いている意味ってあるのかな」とかねてから違和感を持っていました。実際、僕も街ナカでみかけるQRコードを読み取ったことがなくて。それで、どうやったら読み取ってもらうことができるのかなぁと漠然と考えていたんです。
ある日、トイレの中で「そういえば、エレベーターにひとりで乗っているとき、なんとなく壁に貼ってあったチラシのQRコードを読み取ったことがあったなぁ。あれって、ひとりの空間でスマホ片手に暇を持て余してたからだよなぁ。それって、トイレも同じだ!」と気がつきまして。ふと足元をみると、自分が脱いだパンツがあって「あれ?ここにQRコード載せられるフリースペースがあるよね…!」って。トイレを出てすぐに、知り合いの弁理士さんに連絡しましたね。「このアイデアって、特許とれる?」って(笑)

——アイデアもそうですが、行動力も素晴らしいですよね。普通、アイデアを思いついても「特許をとろう!」という発想には、なかなか至らないと思うのですが。

すぐに「特許をとろう」と思ったのは、特許に精通した弁理士さんと知り合って、いろんな特許があることを教えてもらっていたからなんです。最先端の技術で開発されたものだけじゃなくて、アイデアひとつでカタチになった特許もたくさんあるってことを知って、自分にも可能性があるんじゃないかなと感じていました。あと、特許を持っているって、シンプルにかっこいいじゃないですか(笑) だから、常日頃からなにか特許をとれるようなアイデアがないかなと探していたんです。トイレでひらめいたとき「こんなところにQRコードがあったら、スマホ持っている人だったら、絶対に読み取るよね!」って瞬時に思いました。それまでも、色々なアイデアを考えていたんですが、うんうん唸って複雑に考えるよりは、直感的な発想がいいのかもしれないですね。

——特許をとってみて、かかった時間やコスト面については、いかがでしたか?

特許をとることって、すごく難しくて大変で面倒くさそうでしょ?でも、実は全然そんなことなかった。開発費なんてアイデアベースなので0円だし、特許出願は弁理士さんに依頼(注1)できるし。ただ、企画書は作りましたね。どんなパンツで、どの部分に情報を載せて、どんなメリットがあるのかなどをまとめた資料なのですが、もともと企画書作りは大好きなので、楽しんで取り組めました。あとは、弁理士さんに出願用の書類制作や申請の手続きをお願いして進めていきました。
かかった時間でいえば、そうですね、アイデアを思いついてから、無事に特許を取得できるまで、1年かからないくらいでしたね。出願までの準備に3ヵ月程度、出願してからは半年くらいで取得できましたよ。動き出すまでは「半年くらいで取得できるかな」と思っていましたが、予想よりは少し時間がかかりましたね。

(注1)特許事務所などへの特許出願依頼は30~50万円程度が相場

——この特許をつかって、どのようなプランをお持ちですか?

この商品は「Paotto(パオット)」というネーミングにしました。「Pa=パンツ」+「o=想い」+「to=~へ届ける」という意味を組み合わせた造語です。とにかく、伝えたい情報がきちんと誰かに伝わるカタチを作り上げることが目標でした。実は、 “儲ける”というより、自分で“楽しむ”ための、なかば趣味で開発した部分が大きくて、とにかく仕上がったパンツを友人たちにプレゼントしてみて使ってもらって楽しもうかなと思っています。そうやってネットワークを通じて、意見をもらったり、別の活用方法が見えてきたりすることで、次の展開や広がりにつなげていけたらいいなと思っています。
特許が取得できたのは、弁理士さんと知り合いになれていたからで、「自分は人に恵まれているなぁ」とよく感じます。自分だけの力だけじゃなくて“つながり”によって成し遂げられたことなんです。ですから、生まれたものも、仲間たちと共有して、また新たなものが生み出せたらいいなと。

——なるほど。生き方や考え方が今回の特許につながっているんですね。

独立して会社を立ち上げて10年になりますが、ここまでやってこられたのは「人と同じことをやっていても、人より先に進めない。もっとまわりをみて、もっといろんなことを考えて、自分にしかできないことを見つけられないか」と模索し続けてきたからじゃないかなと思っています。今回の「Paotto」もその想いの延長線上にあります。これからも「誰もやっていないことを!」と常に心で唱えながら、いろんな特許を取得していけたらいいなと思っています。