Apple、眼の動きの追跡に関する特許をドイツ企業からの買収が明らかに

apple特許

iPhone Maniaは2020年5月4日、Appleが2017年に視線制御技術を開発する独企業「Senso Motoric Instruments(SMI)」を買収していたことが、公開された特許出願から明らかになったと報じている。

sensomotoric-instruments-800x424

AppleによるSMIの買収は2017年にすでに報じられており、Appleは米メディアAxiosに対して事実であると認めていた。今回特許に記載された情報から、買収が実際に起こったことであると確定したことになる。

1991年創業のSenso Motoricは、眼の動きを追跡するさまざまなハードウェアおよびソフトウェアを開発しており、仮想現実/拡張現実(VR/AR)、車載システム、医療リサーチ、認知トレーニング、言語学、神経科学、体育、生体力学、心理学など、様々な分野でその技術が使用されてきた。

同社のアイトラッキング技術は、ユーザーの自然な眼の動きをリアルタイムで追跡し、最高120Hzのレートでサンプリングが行えるとされていた。

視線トラッキング

公開された特許出願には、すべての装置に定期的に目を通す必要があるヘリコプターパイロットなどの視線データを収集することも可能と記載されている。

昨年11月、AppleはValveと共にARヘッドセットの開発を行うと台湾メディアDigiTimesが伝えており、早ければ2020年下半期にもデバイスが登場するとの噂もある。

米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許から、AppleはARヘッドセットに関連する技術を複数開発していることも明らかになっている。