Apple、AirPodsで歯ぎしりの診断がより簡便に、かつ、起きている時でも測定できる機能の特許を出願

歯ぎしり(ブラキシズム)は、睡眠中や覚醒中に現れる最も一般的なパラファンクション(悪習癖)と言われ、ブラキシズムを監視し治療するための市販の装置は高価で日常的に頻繁に使用するには不便だが、AirPodsでその検出が行えるようになるかもしれない。

今回米国特許商標庁(USPTO)が公開したAppleの特許出願は、AirPodsのモーションセンサーを用いたブラキシズムの診断とモニタリングに関するものだとiPhone Maniaが22年10月11日伝えている。

公開日は2022年10月6日、公開番号はUS20220313153、実効出願日は2021年3月29日で発明の名称は”DIAGNOSIS AND MONITORING OF BRUXISM USING EARBUD MOTION SENSORS”(イヤーバッドのモーションセンサーを使用した歯ぎしりの診断と監視)となっている。

AirPodsの装着場所は、歯の動きを明確に捉えるのに適切で、歯の動きによって生じる音の振動は頭蓋骨の骨を通して伝導し、内耳に届くため測定が可能だというアイデアだ。

Appleの特許図面1は、ユーザーの耳に挿入されたイヤホンと、ブラキシズムイベントによって引き起こされるオーディオ帯域の音の振動をキャプチャする加速度計を示している。図面2は、ブラキシズムを診断および監視するシステムを示すブロック図、図面3は、口腔内活動の音響プロファイルの例のスペクトログラムとなっている。
Appleの特許図面6は、ブラキシズムイベントの診断と監視のためのデータ処理パイプラインのフローチャート。

しかしながら、AirPodsが夜間、睡眠中のユーザーのブラキシズムを監視するためには、デザインを変更し耳から何もはみ出るものがない状態にし、横向きで寝る人でも落ちにくいようにする必要があるかもしれない、とPatently Appleはコメントしている。なお、特許出願のAirPodsには、特殊なモーションセンサーが使用されるとも記されており、通常のAirPodsのセンサーでは歯ぎしりの検出は難しいようだ。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://iphone-mania.jp/news-494450/
https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20221010-00318939

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読