生成AI特許出願数が過去10年で5万4千件、中国が最多

世界知的所有権機関(WIPO)は、生成人工知能(AI)関連特許の出願件数が2014~2023年の10年間で約5万4千件に上ったとする報告書を発表しました。うち3万8210件が中国で出願され、最多となっています。これに続くのは米国、韓国、日本、インドの順です。特許を持つ企業のトップ20には、日本企業のNTTとソニーグループがランクインしました。

各国の出願件数

報告書によると、各国の特許出願件数は以下の通りです:

  • 中国:38,210件
  • 米国:6,276件
  • 韓国:4,155件
  • 日本:3,409件
  • インド:1,350件

インドは毎年平均56%増加しており、5カ国の中で最も伸びが大きいです。複数の国・地域で出願された「パテントファミリー」を1件と数えており、件数は発明の数に相当します。

企業別の特許保有状況

特許を持つ企業や組織では、中国系の企業が上位を占めています。トップ3は以下の通りです:

  • 騰訊控股(テンセント)
  • 中国平安保険集団
  • 百度(バイドゥ)

これらの企業は、通信アプリでの顧客体験の改善や、保険でのリスク評価に生成AI技術を活用しています。日本企業ではNTTとソニーグループがトップ20にランクインしています。

生成AIの応用分野

生成AIは、さまざまな分野で活用されています。例えば、通信アプリでは顧客体験の向上が図られており、保険業界ではリスク評価の精度が向上しています。その他にも、医療、製造、金融など多岐にわたる分野で生成AI技術が導入され、効率化と革新が進められています。

今後の展望

生成AI関連特許の出願件数は今後も増加が見込まれます。各国の企業や研究機関は、競争力を高めるために生成AI技術の研究開発を強化しており、新たな応用分野の開拓が期待されています。また、国際的な特許出願の動向を注視し、知的財産権の保護と活用を進めることが重要です。

詳細については、以下のリンクからご確認ください。

生成AI技術の発展により、未来の社会がどのように変わっていくのか、引き続き注目していきます。

* AIトピックでは、知的財産に関する最新のトピック情報をAIにより要約し、さらに+VISION編集部の編集を経て掲載しています。

コメントを残す