アップルが「モジュール式スマホ」に関する特許を申請

アップルが新たに提出した特許申請は、同社のデバイスに対する考え方が変わる可能性を示唆しており、近年広まる「修理する権利」の法制化の影響を受けていると見られます。

特許の詳細

ニュースサイトのPatently Appleが報じたところによれば、アップルの特許申請には、取り外し可能な背面パネルを備えたスマートフォンが描かれています。このパネルは、追加のハードウェア機能を持つものと交換が可能です。追加のコンポーネントには、背面が保護ケースとして機能するものから、補助バッテリーや健康モニタリングデバイス、さらには第2のディスプレイまで多岐にわたっています。さらに、追加のカメラモジュールを備えた背面パネルの例も詳細に記載されています。これらはすべて、スプリング式のクリップで接続され、簡単に取り外しが可能です。

特許画像の一つには、バッテリーパネルやカメラモジュール、追加スピーカーを含む様々な背面プレートの配置が描かれています。筆者はこの特許書類を見て、2016年にリリースされたモジュール式スマートフォンのLG G5を連想しました。この端末は、さまざまなモジュールを交換して、バッテリーを大きくしたり、追加のカメラを取り付けたり、VR(仮想現実)コンポーネントを追加したりすることが可能でした。

モジュール式スマホの歴史と今後の展望

G5の以前には、グーグルがProject Ara(プロジェクト・アラ)と呼ばれるプロジェクトで、同じアイデアを長い間試みていました。この端末は、電気廃棄物を減らすために設計されたモジュール式スマートフォンでした。グーグルは2016年にこのプロジェクトを棚上げしましたが、アイデア自体はまだ生き続けています。

特許の申請は必ずしも実際のデバイスにつながるものではなく、アップルのような企業がモジュール式のスマートフォンをリリースすることはあり得ないことのようにも思われます。しかし、アップルは近年、さまざまな圧力を受けて、端末の修理を容易にする方向に向かっています。

修理する権利とアップルのスタンス

同社は、iPhone 15の内部シャーシを再設計し、ガラスを割ることなくバックパネルを取り外しやすくしました。アップルは昨年、自宅でデバイスを修理しやすくする「セルフサービス修理プログラム」を導入し、現在はその一部がヨーロッパでも拡大されています。同社はまた、今年のiPhone 16向けにバッテリーの取り外しを容易にする技術を開発中だと報じられています。

さらに、アップルのパーツペアリング(修理の際、メーカーによる交換部品の認証と承認が必要とする仕組み)に関する方針変更により、iPhoneユーザーはアップルの承認なしに部品を交換できるようになります。iPhone 16から適用されるこの変更は、米オレゴン州などで成立した「修理する権利」の法制化への対応と見られています。

未来の可能性

アップルが修理についてのスタンスを和らげ、部品を交換しやすくするためにiPhoneを再設計していることを考えると、今回の特許のようなモジュール式の端末のリリースも、まったくの夢物語ではないように思えます。

運動の際に音楽を聴くユーザーにとっては、非常に魅力的な機能であり、実現が待たれます。Appleの今後の動向に注目です。

* AIトピックでは、知的財産に関する最新のトピック情報をAIにより要約し、さらに+VISION編集部の編集を経て掲載しています。

コメントを残す