Apple、引き換えコードがついた挿入物とパッケージのApple Gift Card機能関連の特許を取得

Appleはアプリ、サービス、店舗の建物、店舗ディスプレイ、パッケージなどあらゆるものの特許を取得していますが、今回Apple Gift Cardとその機能に関する特許を取得したとiPhone Maniaが22年11月21日伝えている。

Appleが米国特許商標庁(USPTO)から今週取得した特許は、「引き換えコードがついた挿入物と機能関連のパッケージ(Insert with Redeemable Code and Functionally-related Packaging )」と名付けられたもの。

引き換えコードとは、商品、サービス、割引、現金などと引き換え可能な価値を表す。引き換えコードおよびその他の情報を含むカードは、割り当てられた金額を決済に当てるために使用、またカードではいくら使ったかを確認することもできる。

引き換えコードは、人間が読み取り可能なデータや光学的な機械が読み取り可能なデータを含むことがあり、例えば、任意の数の文字または記号を有するテキスト、インジケータ、線形バーコード(例えば、Universal Product Code)、またはマトリックスバーコード(例えばQRコード)などが挙げられる。取引カードや引き換え可能なコードは、取引カードが有効化されるまでは、価値を持たない場合があります。

パッケージに入った引き換え可能コードシステム(要するにパッケージに入ったApple Gift Card)は、スリーブおよびそのスリーブに差し込むカードを含むことがあります。一例ではスリーブはポケット形状で、カードをポケットから引き出して使います。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://iphone-mania.jp/news-505135/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読