コロナ禍で温泉施設に行く頻度が減った67%フットワークが特許申請の「温泉マスク」を発売

プラスビジョン特許

水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、温浴施設で利用できる「温泉マスク」を2021年3月30日より発売すると発表した。 この温泉マスクは、浴場で装着することで飛沫の拡散を軽減するマスク。場面により着脱が簡単にできる仕様で、最大100cm伸縮するスパイラルコードにより、口元に十分な空間を確保しつつ顔にゆるやかにフィットする形状で特許も申請中と……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録