コロナ禍でマスクの特許にも目が離せない!!ユニクロは独自の三層構造で特許出願

エアリズムマスク

コロナ禍のなかでマスクに関する特許出願概況にも目を向けてみると、1998年から現在(2018年ごろ)までに出願されたものは約1800件みられ、これは年間約90件ほどの出願となりこれらの開示情報からマスクの発明が解決すべき着眼点をキーワードでみると、 ・顔面へのフィット、空間形成 ・製造コスト ・メガネの曇り ・ウイルスや花粉の捕捉、フィルタ ・耳にかける紐、締め方、ゴム などの課題が発……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録