ホンダ新型CR-Vは海外限定販売!日本では後継モデルが発売予定!

ホンダのクロスオーバーSUV「CR-V」がフルモデルチェンジされ、海外限定で発売される見通しだ。特許画像の流出もあり、新型「CR-V」への期待が膨らんでいる。

CR-Vは1995年に発売が開始され、2016年からは海外限定モデルとなった。第5世代が登場した2018年には再び日本市場でも販売が行われたが、2022年にはそれも終了する予定だ。
フルモデルチェンジする第6世代は海外限定販売となり、遅くとも2023年には発売が開始される見込みとなっている。

今回流出した画像からは、スリム化されたヘッドライトやクロームストリップを備えるハニカムメッシュグリル、L字型コーナーエアインテークが特徴的なフロント周りが確認できる。
車体側面に設置されたキャラクターラインやLEDテールライトには目を惹くものがあるし、現行より長くリデザインされたボンネットも新しい特徴の一つと言えるだろう。

車内では、大型化されたインフォテインメントタッチスクリーンや新型のデジタルインストルメントクラスターが強い存在感を放つ。また、ゆとりを持って設計された車内空間は、使い勝手の良いキャビンスペースや7人乗り3列シートオプションを想像させるものになっている。

なお、予定されているパワートレインのラインナップは次の通りだ。
・1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン
・2.0リットル直列4気筒エンジン+電気モーターの「e:HEV」ハイブリッド

このように、魅力満載の新型CR-Vだが、残念ながら日本での販売は計画されていない。

しかし、現在後継モデルの開発が進められており、そのデザイン詳細も近日中に公開されるという情報もあり、後継モデルは現行モデルよりも若干コンパクトな車体に、同等の室内スペースが確保されているという。ホンダSUVファンにとっては、この後継モデルの開発情報は朗報と言えるだろう。

早ければ2022年秋には発売が開始されるとも言われている後継モデルに大きな期待が集まっている。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://www.excite.co.jp/news/article/Clicccar_1164421/
https://clicccar.com/2022/02/12/1160987/

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し