Apple Carには乗車中VRの使用が想定され、ウインドウがない可能性が

Appleが開発を噂されている自動運転車Apple Carに関連した新たな特許が5月に入って公開され、特許は車載仮想現実(VR)エンターテインメントシステムに関するもので、自動車には窓がない可能性があるとiPhone Maniaが22年5月20日伝えている。

Appleが初めて独自の自動車の開発を開始したのは2014年。何年ものラジオの沈黙の後、同社がギアを切り替え、乗客に代わって入力を必要としない自動運転車に取り組んでいるという報告が広まり始めた。そのため、この自動運転車には、ステアリングホイールやフットペダルなど、あらゆるドライバーコントロールが欠けている。

それ以来、Appleはいくつかの潜在的な機能をからかういくつかの自動車関連の特許を申請している。そうは言っても、1つの特許は、特に自動運転車に対する同社の新たな関心を考慮すると、特に興味深いものです。

車の動きにあわせてコンテンツが動的に変化。Appleの「動きと同期した仮想コンテンツの没入型ディスプレイ(Immersive display of motion-synchronized virtual content)」と名付けられた特許出願には、目的地へと向かう自動運転車の動きと加速度に応じて変化する動的なVRコンテンツについて記されている。また、コンテンツは位置情報にもリンクされ、通勤経路よっても内容が変わるとされてる。

特許ではエンターテインメントだけでなく、自動運転車の乗車時に乗り物酔いを軽減するための技術についても触れられている。従来の窓の代わりにVRヘッドセットを使って、車外に設置されたカメラを介して外界を見ることがで、この技術は、車内で本を読んだり、移動中に会議を行うために使用される可能性もあるとのこと。

なお、今回公開された特許はUSPTOの公開情報から「モーション同期仮想コンテンツの没入型表示」とあり、その要約は次の通りとなっている。

要約

乗客に乗り物酔いをもたらす可能性のある、動いている車両の問題に対処する方法を実装する可能性のある車両用のVRシステム。

VRシステムは、視覚的な手がかりと乗客が経験する物理的な動きとを一致させる仮想ビューを提供してもよい。VRシステムは、現実世界のビューを仮想環境に置き換えることによって、没入型VR体験を提供してもよい。

アクティブな車両システムおよび/または車両制御システムは、仮想体験に物理的効果を提供するために、VRシステムと統合され得る。仮想環境は、乗客が乗り物酔いを起こしやすい、または乗り物酔いの兆候を示していると判断したときに、乗客を収容するように変更することができます。


【オリジナル記事・引用元・参照】
ttps://vrscout.com/news/the-apple-car-could-feature-vr-technology-and-no-windows/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読