業界初!基本特許取得「建物構造図アイコン配置AI」~「柱」「壁」などの検査アイコンを自動配置が可能

建設DXサービス「SPIDERPLUS」を提供するスパイダープラス株式会社(本社:東京都港区 代表:伊藤謙自)は、基本特許技術「建物構造図アイコン配置AI」を業界で初めて取得したことを22年11月24日公表した。本発明は、機械学習を通じて建物構造図の記号認識から検査アイコンの配置までを自動化するAI技術としている。

同社は、建設現場で発生する事前準備(段取り)を代行する「SPIDERPLUS ASSISTANT」(以下、「BPOサービス」)を提供しており、この技術を活用し、BPOサービスで受託した業務の作業時間について約70%の削減を実現しており、より多くの案件を受注できる体制を構築している。

BPOサービスは、建築工事における「配筋検査※2」を行うための事前準備として検査対象箇所の床や柱など建物の骨組みとなる構造体に「伏図」という詳細図面を作成し、その詳細図面を施工図面に対応づける作業を代行するもので、「SPIDERPLUS」を利用する建築業顧客から「段取りから解放され、より本質的な仕事に集中できるようなった。」と好評を得ている。

しかしながら、配筋の検査箇所は膨大であるため、上記の作業には非常に多くの手間と時間を費やすという課題があり、BPOサービスの業容拡大には効率性に関する課題が存在していた。そこで同社は、AIで建物構造図の伏図の記号を認識して自動でアイコンを配置することで、建物構造図と詳細図面を自動的に紐付ける技術の開発に至っている。
本発明により、BPOサービスで受託した各案件の手作業で行っていた作業時間が約70%効率化され、当該効率化によりBPOサービスの受託可能件数の増加、ひいては売上高向上に寄与している。

※2:配筋検査とは、鉄筋コンクリート造の建物工事において、コンクリート内の鉄筋が設計図通りに正しく配置されているかを確認する検査業務をいう。

また、本発明は、BPOサービスでの活用を繰り返すことにより、AIの学習が進み、作業効率が高まり、その結果として、BPOサービスの受注可能件数やサービスラインナップの充実に繋がっている。

特許概要

【特許番号】 特許第7159513号(*1)  特許第7177964号(*2)
【登録日】 2022年10月14日(*1)  2022年11月15日(*2)
【特許権者】 スパイダープラス株式会社
【発明の名称】 アイコン配置システム、アイコン配置方法及びプログラム

【要約】 【課題】建物構造図における伏図のデータと詳細図のデータとの対応付けを行うことにより、作業効率の向上を図る。
【解決手段】建物構造図の伏図にアイコンを配置するアイコン配置システムは、前記伏図に付された符号に対応付けられた第1アイコンが予め配置されたアノテーションデータを取得し、取得した前記アノテーションデータを教師データとして、前記伏図と前記第1アイコンとを対応付けて学習し、学習結果に基づいて、学習済モデルを生成し、新たな伏図に対して、生成した前記学習済モデルに基づいた第2アイコンを配置する。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000091.000030510.html

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読