+VISION

在庫物品管理

商品の移動を検出してレジの行列解消?

商品の移動を検出してレジの行列解消?

現在の電子商取引においては、配送センターの在庫を管理し、顧客が商品を注文すると、ピッカーにより在庫から商品が選択され、梱包ステーションで梱包され、顧客のもとへ出荷されるのが一般的な流れです。実店舗においても、顧客がアクセスできる場所(ショッピングエリア)の在庫をそれぞれ維持管理し、顧客は店舗内で商品を探し、購入のためにレジへ運んでいくという点で、商品の流れは同様といえます。 しかし、どちらの店舗形態でも、ピッカーや顧客が商品を取得するために、最初にその商品を探索しなければならないという問題点があります。 そこで、商品を在庫場所に配置する際、及び、除去する際に、商品リストの更新を自動で行わせることとしました。 例えば、ピッカーや顧客の手をカメラで常に撮影し、手が在庫場所に入る前の画像と、在庫場所を出た後の画像を比較することで、商品を在庫場所に配置したかどうかを判断します。これに基づいて、在庫リストを更新していけるわけです。 逆に、このシステムを応用すると、実店舗において顧客が商品を購入する場合に、商品をカートやバッグ、ポケットに商品を入れ、顧客が店舗を出た段階で、レジでの精算を経ることなく、顧客に代金を請求できることになります(もちろん事前に顧客登録等が必要となりますが)。 このような技術がスーパーマーケットなどの小売店にも採用されれば、長いレジ待ちの列に並んでイライラすることもなくなるかもしれませんね。

在庫物品を管理する物流システムに関して、すでに特許となった特許出願をご紹介します。
今回ご紹介する特許出願は、アメリカで出願された特許出願を基にして国際特許出願(PCT出願)され、その後、日本へ移行してきた出願です。この出願(親出願)は審査されたものの特許になっていません。しかし、分割出願された本特許出願(子出願)が以下の通り特許となりました。
このように、アメリカの出願人によって出願されて特許となった内容についてご紹介します。

■従来の課題

従来、小売業者や卸売業者は、顧客の購入や取引先の注文に伴って変動する物品の在庫を管理しています。