2秒で設営完了!?画期的折り畳み式テント

2秒で設営完了!?画期的折り畳み式テント

2秒で設営完了!?画期的折り畳み式テント

初夏から秋にかけて、日本ではキャンプ場や登山などでテント泊を楽しむアウトドア愛好家が大勢いらっしゃいます。

キャンプといえば、なによりテント泊が代名詞ですよね。テントの中で仲間や恋人、家族で過ごす時間は、貴重な思い出づくりに最高です。

でも、テントって設営に時間がかかったり、かさばって重たい、金属の支柱を複雑に組み合わせるのが難しい、といった理由から、意外とテントを難なく設営及び収納できる方って少ないのではないでしょうか(逆に、テントを早く設営できる人をみると、ちょっと憧れちゃいますよね)。

このような背景から、テントを素早く展開したり、収納したりすることを目指した製品は、これまで数多く開発されてきました。

しかしながら、このようなテントの欠点は、多くの場合、内部に支柱を設けないことにも起因して、内部容積が小さくなってしまうことでした。

このため、ユーザーが横になったときに、十分な床面積が確保できないという問題点がありました。

さらには、テントの骨組みであるロッドを複雑に組み合わせる必要があり、設営に時間がかかるという問題もありました。

そこで、フランスのアウトドアスポーツメーカーDECATHLONは、2つの傘(アンブレラ)をつなげたような構造のテントを開発し、ちょうど折りたたんだ2つの傘を順番に開くような動作機構によって、わずか数秒で設営が完了するテントを発明しました。

この発明は、2018年10月17日にフランス特許庁に出願され、その後フランスで特許権を取得(特許番号:FR.3087466.B1)、そしてフランスでの出願を優先権基礎とした出願を、日本を含む10カ国に行いました(日本での公開番号:特開2020-76301、公開日:2020年5月21日)。

この出願に係るテントは、Quechua(ケシュア)というブランドから「2 SECONDS EASY」という商品名で既に販売されており、日本国内でも入手が可能です。

商品名の「2秒」というのはちょっと大げさかな、とも思えますが、従来知られているテントよりは大幅に短時間で簡単に設営できそうです。

また、このテントは畳んだ際には2つの傘を束ねたような形となり、円筒形状の格納袋に格納し、簡単に持ち運べるようになります。

このような画期的構造のテントを用いて、設営に時間をとられることなく、キャンプをさらに楽しめるようになるといいですね。素早く設営、撤収すれば、キャンプ慣れしたカッコいい大人にみえるかも・・・?