極寒でも快適睡眠、快適性を向上させた寝袋

極寒でも快適睡眠、快適性を向上させた寝袋

極寒でも快適睡眠、快適性を向上させた寝袋

アウトドアで宿泊する場合、ある程度気温の高い夏場は別として、気温の下がる季節や場所では睡眠中の体温管理のために、寝袋(シュラフ)の使用は安全面から見ても好ましいでしょう。

最近では様々な場所で車中泊をすることがブームになっていますが、車の中であっても、就寝中にずっとエンジンをかけておくわけにはいきませんから、寝袋があると安心です。

寝袋は大きく分けて二通り、その構造から、いわゆる「封筒型」と「マミー型」に分けられます。かなり例外的なものとして、寝袋を着たまま動き回れるような「ヒト型」なんていうものもありますが、構造的に単純な封筒型は、保温性は比較的劣るものの、価格が安く、寝袋内での身動きがしやすいという特徴があります。

マミー型は隙間ができにくく、少々動きにくくはなりますが保温性が高く、氷点下でも使用可能なものが多いという特徴があります。

今回の発明は、マミー型の寝袋に関するものとなり、従来よりもさらに保温性及び快適性を向上させることを目的につくられました。

この寝袋は広島のアウトドアメーカーBears Rock社が開発し、2015年4月6日に特許出願され、2019年6月21日に特許が登録されています(特許番号:特許第6542564号)。

さて、従来のマミー型寝袋では、寝袋に入った後、最後に顔の部分を締める際、寝袋の開口縁を縮めるような機構であったため、どうしても開口部が横長の形状になってしまい、特に頬に対応する横の部分の間隔が開いてしまい、十分な密閉性が確保できない(つまりここから冷気が入ってきてしまう)という問題がありました。

そこで、使用者の顔部分を露出可能な開口部の周縁部を、使用者の顔部分の形状に似た形状に維持できるようにしたものが、今回の発明となります。

この発明を採用した寝袋は、Bears Rock社から既に販売されており、なんと−34℃の環境下でも使用可能という、圧倒的性能を誇ります。

アウトドア愛好家の間では大人気の商品のようで、品薄が続いているそうです。

寝袋は、キャンプなどのアウトドア・レジャーだけでなく、災害時にも活躍することが想定されますから、本発明品のような高性能なものを家族の人数分、揃えておいてもいいかもしれませんね。