ホンダのウイルス・アレル物資シート生地がオフィスチェアに採用!「守り」から「攻め」へ、ホンダが特許戦略を見直す

ホンダ車特許抗菌

自動車各メーカーは自社製品の優位性を高めそれを「守る」ために日々の技術開発によって様々な特許を保有している。ホンダに至っては2019年現在で約5万件の特許を保有しその維持費用だけでも年間数十億円になると言われている。 そのホンダでは2019年から始まった特許管理の効率化とその見直し、いわば「特許の棚卸し」が行われ、それには費用面のみならず知的財産の戦略の見直しともとれるもので、これまでの「守り」……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録