熱中症および新型コロナウィルス対策ペットボトル

特許概要

出願番号特願2020-101785
出願日2020/6/11
出願人冨田 穣
登録番号 特許第6888183号
特許権者 冨田 穣
発明の名称熱中症および新型コロナウィルス対策ペットボトル
技術分野 生活・文化
機能材料・素材の製造
適用製品 キャップの上部または横側部に飲み口を設けたキャップとしたペットボトル

特許内容の解説

ペットボトルに口をつけて飲み、そのままキャップをすると長時間の後では危険であると警鐘され、キャップを閉めても口腔内細菌、唾液のウィルスがやがて繁殖し食中毒、感染などの病状をもたらす危険性を解決する。

複数の飲み口を有することを可能としているので、熱中症対策、新型コロナウィルス対策として、飲み継ぎがなく新鮮な飲み口で飲め、細菌、ウィルスの培養、増殖それによる食中毒、感染の心配をしなくて済む。新たな設備投資を必要としない。多様なニーズに対応できる。

ペットボトルの飲み口部において、ペットボトル本体にねじ込むキャップを第1キャップとし、前記第1キャップの天板部材を貫通するとともに横側部材の外側表面部にねじ山をつけ、ねじ山部に径の増えた天板付きの新たなキャップをねじ込んで第2キャップとすること、さらには、前記第2キャップの天板部材を貫通するとともに横側部材の外側表面部にねじ山をつけ、ねじ山部にさらに径の増えた天板付きの新たなキャップをねじ込んで第3キャップとすることとし、いずれのねじ山もピッチを変える、逆回しねじなどで供回りを避けることとし、ペットボトル本体の飲み口数の1口に、天板を貫通した第1キャップの横側部材を新たな飲み口として飲み口数を2口に増やすこと、さらには天板を貫通した第2キャップの横側部材を新たな飲み口として飲み口数を3口に増やすことを特徴とする熱中症および新型コロナウィルス対策ペットボトル。

新型コロナウィルスの猛威がある。熱中症対策では小まめな飲み継ぎが提唱されている。ペットボトルによる水分補給が必要であるが、キャップ部の飲み口にはウィルス、菌が培養、増殖されるので感染の危険がある。新鮮な飲み口が必要である。キャップを2重キャップに、3重キャップの複数の飲み口とし、小まめな飲み継ぎができる衛生的なペットボトルを提供する。

希望価格

要相談

希望条件

お問い合わせ

このコンテンツは会員専用です。
会員に登録すると続きをお読みいただけます。

フリー会員           無料            
スタンダード会員   月額1,980円

ログイン 今すぐ会員登録

当サービスはサブスクリプションモデルとなっており
ご登録のクレジットカードから毎月自動で支払いが行われます。

利用規約  |  プライバシーポリシー

スタンダード会員に登録

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読