【有限会社鹿屋造船】海の新防御 – 環境に優しく、長期持続する防汚塗料

特許概要

出願番号特願2018-069660
出願日2018/3/12
出願人有限会社鹿屋造船
公開番号特開2019-157100
公開日2019/9/19
登録番号 特許第6535842号
特許権者有限会社鹿屋造船
発明の名称防汚塗料
技術分野化学・薬品、食品・バイオ、土木・建築
機能材料・素材の製造
適用製品硫黄粉末と弁柄(酸化鉄)を同時に含有する防汚塗料
目的船底、海洋構造物、養殖用網、漁網などへの海洋生物の付着の減少を図ると共に、船舶などの燃料効率を高め、船底、水中構造物、養殖用網、漁網、浮標、工業用水系設備等に対する塗料接着期間の長期化が得られ、海洋汚染の生じることの無い船底塗料を提供する。
効果船底、海洋構造物、漁網等への海洋生物の付着の減少を測ると共に、船舶などの燃費効率を高め、船底、水中構造物、養殖用網、漁網、浮標、工業用水系設備等に対する塗料接着期間の長期化が得られ、海洋汚染の生じることの無い船底塗料を提供することができる。
技術概要海洋生物に忌避効果を齎す粒径0.3~0.4μmの弁柄(酸化鉄 Fe2O3)4~12重量%と、海洋生物に忌避効果を齎す硫黄分5~10重量%の両成分を同時に防汚塗料用添加物として混入して、より防汚効果の有効性を有することを特徴とする海洋生物を忌避するための汚汚塗料。
実施実績 【無】
許諾実績 【無】
特許権譲渡【可】
特許権実施許諾【可】

特許内容の解説

本発明は、船舶や水中構造物、漁網などへの海洋生物の付着を減少させることを目的とした防汚塗料に関するものです。

この塗料は硫黄粉末と弁柄(酸化鉄)を含有する添加物を使用し、海洋生物の忌避効果を齎しながら、船舶の燃料効率を向上させると同時に、塗料の接着期間を延長し、海洋汚染を防ぎます。

アピールポイント

硫黄粉末と弁柄(酸化鉄)を同時に含有することによって、船底、海洋構造物等への海洋生物の付着の減少と船舶などの大幅な省エネに貢献します。鹿児島硫黄島の海の自然科学が証明!

AIの特許活用案

  • 商船や漁船の船底塗料としての使用
  • 水中構造物や養殖用網、漁網の塗装
  • 海洋や沿岸部の浮標や工業用水系設備における長期間の防汚対策
  • 港湾や停泊している船舶に対する環境負荷の低減

希望価格

要相談

希望条件

本特許についてのお問い合わせ

本特許についてご興味がある方は、下記のIPマーケット専用フォームよりお問い合わせが可能です。


は入力必須