スリル満点!!AR・VRアトラクション

乗物アトラクション

スリル満点!!AR・VRアトラクション

スリル満点!!AR・VRアトラクション

いま、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を楽しむ娯楽といえば、例えば3Dメガネをかけて楽しむ3D映画などが広く楽しまれています。

しかし、こういった拡張/仮想現実の体験は、あくまでも視覚や聴覚からの疑似体験にすぎません。一方、例えば遊園地のジェットコースターのような、いわゆる物理的刺激によってスリル感などを味わうことができるアトラクションに対して、こうした技術を適用することは、ジェットコースターの既存のコースや物理的性質に限定した上でのみ、狭い範囲で適用できるものと認識されていました。

そこで、乗客が装着するゴーグルに外部カメラ及びディスプレイを内蔵させ、外部カメラで現実世界をキャプチャし、そのストリーミングメディアに対して仮想拡張を生成させ、現実世界映像に基づいて生成された映像に重ねて乗客の目に映す、という技術が開発されました。

このような技術を用いれば、外界の気象環境とはまったく独立に、通常の乗車体験とはまったく異なる体験をすることが可能となります。従来のAR/VR体験よりも、より大きな運動自由度を有するこの技術を用いることで、一層スリル感の増したアトラクションが楽しめそうです。

■内容

遊園地で楽しむジェットコースターなどのアトラクションに関して、3つの特許出願をご紹介します。