海と繋がる潜水艦でリアル海体験!

水中散歩

海と繋がる潜水艦でリアル海体験!

海と繋がる潜水艦でリアル海体験!

地上では見られないような目にも美しい魚や植物が海には生息していて、その幻想的な雰囲気には魅了されます。
この魅惑的な海を体験したくとも、今までは潜水艦の窓から風景として眺めるのがメインでした。それでは物足りない!もっとリアルに海を楽しみたい!ということで発明されたのが<水中観光及び体験用の有人潜水艇>です。この発明によって、潜水艦は密閉された空間という先入観が覆されました。というのも潜水艦の乗員は、身体が海水に触れながら、窓越しの海も楽しめるからです。この発明のキモとなるものがドーム状の透視窓です。ドーム状の透視窓と潜水艦本体とを離して設置する事で、透視窓への浸水を防ぐことが可能になりました。また潜水艦本体に海と繋がっている部分があるので、その場でスキューバダイビングもできちゃう新感覚海観光がスタンダードとなる未来も近いかも?

■従来の課題

一般的に、潜水艇は、船首と、船尾と、人が搭乗する乗務員室とを有します。

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録