機械学習での献立提供プログラム

機械学習での献立提供プログラム

夕食の献立メニュー

自宅でアスリート並みの食事ができる!

キッチンで食事を作る前に必ず行うのは献立を決めること。
主菜は何にしよう?副菜は何品?栄養バランスはもちろん、季節感や、味付けや彩りなど、献立決定のプロセスは色々な要素を絡めた煩雑な作業。毎日続けていくのは大変な労力ですよね。 そんな日々の献立決めに強力な助っ人が登場!それがこの献立提供装置です。栄養面や主菜副菜のバランスはもちろん、最大の特徴は、食材の数、制限時間、料理の手数、道具の使用数、主になる食材の重複を避ける等など、キッチンに立った人が考える実務的な条件をクリアした献立が提案されること!献立を組み立てる数々のルールのなかから適合するものを選び出し、栄養士などの専門家が組み立てる献立にどれくらい近いのかを判定するという技術が使われています。将来的にはお料理ロボットにこの装置を利用させる構想もあります。朝はロボットが用意した完璧な朝ごはんが時間通りにできあがっている!なんて未来もそう遠くはないかも!?

■発明のポイント

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録