ヤマハ、特許出願のベル一体型音響システムでサクソフォンのデジタル化を実現

ヤマハ株式会社は、デジタル管楽器の新製品として、デジタルサックス『YDS-150』をことし11月20日(金)に発売したことをリリースした。

LED画面(上)と音色・音量ボタン(下)

今回発売された『YDS-150』は、「いつでも、どこでも、だれでも演奏の楽しみを味わえるサクソフォン」をコンセプトとし開発された製品で、サクソフォンの本格的な表現力をそのままに静音化を実現し、より気軽に、より身近に演奏を楽しむことができる全く新しい管楽器だと発表されている。

それは、管楽器のアコースティック要素の魅力をそのままに、サクソフォンのデジタル化を実現した特許申請済の「ベル一体型音響システム」で開発されたもの。スピーカーユニット、ボディ、音響管、イエローブラス製ベルで構成されるこのシステムは、マウスピースから吹き込んだ息をブレスセンサーが検出、デジタル音源システムがスピーカーを駆動し、音と振動がイエローブラス製ベルにまで伝わり、それにより楽器全体が振動し、その振動がマウスピースから口元に、押さえたキイから指先にフィードバッされることで、デジタルでありながらアコースティックサクソフォンを演奏しているような吹奏感と響き、そして楽器との一体感を得ながら音楽を奏でることを実現した製品となっている。

また、新開発のiOS/Android対応アプリ「YDS Controller」(無料)をスマートフォン/タブレットとBluetooth接続することで、音色の変更、エフェクトの調整、運指のカスタマイズ、息の抵抗感・レスポンスといった吹き心地の調整などを簡単に行うことができるのも大きな特徴となっている。

【参照】

https://www.yamaha.com/ja/news_release/2020/20102901/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000451.000010701.html
https://www.shimamura.co.jp/shop/nagakute/winds-strings/20201102/7060