ブロックチェーン技術をゲームに統合する方法を模索~プレイステーションの特許申請から

昨今、ゲーマーの間で物議をかもしているNFT(非代替性トークン)だが、PlayStationによる特許申請により、ブロックチェーン技術をゲームに統合する方法を模索している事が分かったとNEXT MONEYが22年11月15日伝えている。。

同社によって申請され、新たに公開された特許は、2021年5月7日に最初に提出され、今回公開されたものである。ソニーがユーザーが購入、取引、他のゲームで使用できる独自デジタル資産を取得する方法を検討していることを示唆。これらの資産は、ビデオゲームに関連するデジタル資産の機能を拡張することを目的としており、同社によって追跡される可能性もあり、特許申請書には次のように記載されている。

❝ここに記載されている技術は、ビデオゲームに関連するデジタル資産を代替可能から非代替可能に変換することにより、ビデオゲームに関連するデジタル資産の機能、およびそのようなデジタル資産を作成および管理するシステムの機能を拡張します。❞

PlayStation Starsプログラムは、多くのファンが発売前のNFTと比較したデジタルリワードを特徴としている。

ユーザーは PlayStationゲームに基づいてデジタルトロフィーを取得できるものの、それらを交換したり販売したりすることはできないとのこと。ソニーは、プログラムのトロフィーを NFT から遠ざけ、PlayStation Starsにはブロックチェーン技術が組み込まれていないことを指摘。

しかし、プログラムはある時点でNFTを特徴づける予定だったというファンからの憶測があったものの、ソニーは現在別の方向に進んでいる。ユーザーの話は単なる憶測であり、今回新しく公開された特許は、PlayStationがある程度NFTの実装を検討していたことを明らかにしている。

ソニーの特許が存在するからといって、NFTが同社のゲームに追加されるかどうかはまだわからない。ソニーは、何らかの理由でうまくいかなかったものについて、何年にもわたって数え切れないほどの特許を申請してきた過去があり、ある時点でソニーは、ユーザーが日用品を PlayStation5のコントローラーに変えることを可能にする技術を検討しており、今回の特許が同様の運命をたどるかどうかも今のところは分からない。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://nextmoney.jp/?p=54505

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読