任天堂、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編の ゲームシステムを示唆する特許が申請される

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編に関して、新たな概念に関わるかもしれない特許3つが判明し、それらは一体何を指しているかということも、ゲームがまだ謎なので興味深い。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のまだ名前のない続編を我々は見ていないが、E3 2021で、任天堂はそのゲームプレイトレーラーを披露した。2分弱とかなり短いものだったが、新しいゲームプレイの仕組みを垣間見ることができる興味深い内容がいくつも盛り込まれていた。

今回、大手ゲームメディアGamereactorが報じたように、任天堂が新たに提出した特許が確認され、これらの新メカニズムが何であるかに新たな光が当てられた可能性があると、ゲーム情報&ブログが21年12月15日紹介している。
この3つの特許は、ロフト地形を上方に移動するメカニズム、巻き戻しのメカニズム、そして自由落下の拡張について詳述している。

1つ目の特許(US20210370179)は、E3トレーラーに登場したように、地上から上方にフリートラベルし、真上のロフト付きプラットフォームや吊り下げられた地形をフェイズスルーする機能を説明するもの。

2つ目の特許(US20210370175)は巻き戻し機能で、特定のオブジェクトをターゲットにして、その動きを時間軸で逆行させることができまる。トレーラーでも、丘を転がる大きなとがったボールにリンクがこの操作を行っているのが確認できた。

一方、3つ目の特許(US20210370178)は自由落下に焦点を当てたもので、これもE3トレーラーでかなり強調されていたメカニックの1つだ。この特許から推測すると、自由落下には、通常の落下、飛び込み、低速度落下、高速度落下など、いくつかの種類があるようだ。

興味深いことに、この図には、プレイヤーが上向きに空中を後ろ向きにジャンプしている様子も描かれている。一方、空中を落下しながら弓を撃つことも、いくつかの異なる姿勢で可能なようだ。

これらはいずれも、E3トレーラーで見た『ブレスオブザワイルド 2』の短時間の様子とほぼ一致しており、これらのメカニクスが特許の説明通りにゲームに搭載されているとすれば、おそらくトラバーサルとパズルデザインの両方において、とりわけかなり興味深い新しい工夫を見ることになり、それはやはり、続編で目指しているものだと任天堂は語っています。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編は、今のところ2022年の発売を目指しているそうだ。次にこのゲームを見るのはいつになるかというと、少なくとも2022年のE3まではないだろうという噂がある。


【オリジナル記事・引用元・参照】
http://gamecolumn.blog17.fc2.com/blog-entry-81894.html
https://ga-m.com/n/zelda-breath-of-the-wild-zokuhen-tokkyo-syutugan-gijyutu/

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し