ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の出願特許が新たに判明、VR向けのフォービエイテッド・レンダリングか

VR向けのフォービエイテッド・レンダリングと思われるソニーの新たな出願特許が判明したと、バーチャルで選ぶ・楽しむエンタメメディアMoguLiveが21年11月15日次のように伝えている。

今回確認された特許の正式名称は「トランスミッションのための圧縮イメージを対象とした、対象領域(ROI) を調節するためのアイトラッキング(EYE TRACKING TO ADJUST REGION – OF – INTEREST ( ROI ) FOR COMPRESSING IMAGES FOR TRANSMISSION) 」。米国特許商標庁(USPTO)には21年9月に特許が公開されている。

フォービエイテッド・レンダリングとは、画面をレンダリングする際、人の中心視野ほど高解像度で、そして視野の外側に行くに従って低解像度で描画する手法。

高解像度のレンダリングを、必要十分な領域にとどめることで、ハードウェアにかかる描画処理の負担を大幅に軽減させることができる。

特許には、システムの働きを示す概略図(下記)も含まれており、左側の画像では全体が高解像度になっているのに対して、右側は中心部だけが高ディテール。

特許によれば「リアルタイム・グラフィックレンダリングのフォービエイテッド・テッセレーションを活用、ディテールはROIのための3Dメッシュから追加されたり減算されることがある」とのこと。

2021年11月現在、次世代VRシステムの詳細な仕様は明らかになっていない。ただ2021年5月の米メディアUploadVRは、同システムに、フォービエイテッド・レンダリングなどが実装されると報じている。今回確認された特許は、情報を裏付けるものなのか。SIE(ソニー)の正式な発表が待ち遠しい。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://www.moguravr.com/sony-vr-patent-3/
https://patentimages.storage.googleapis.com/76/e8/ba/82d4226a7270f3/US20210303067A1.pdf

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読