「空飛ぶ」夢から羽ばたいた、ドローンと見る世界

ラジコンの進化版…というにはすでに市民権を得ている「ドローン」。
そんなドローンをただのロボット・おもちゃとしてではなく、「人に役立つAIを作る」と立ち上がった本郷飛行機株式会社。

研究畑から飛び出した社長・金田氏は「AIや画像処理」「小型化」「日本製」というキーワードで新しい領域を俯瞰する。その原動力になった「憧れ」と、それを実現した「技術」について、開発者兼経営者としての目線を捉える。

PROFILE

金田 賢哉

KENYA KANEDA

本郷飛行機株式会社 代表取締役

2010年に東京大学工学部航空宇宙工学科
2012年に東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程を卒業。
飛行機やロケットの、エンジンなどを研究。

同(知能工学研究室)博士課程に在籍中
クラウドファンディングの「READYFOR」で開発兼マーケティングを行う。

家電の遠隔操作IoTサービス「Pluto」で代表取締役を経て
2016年に本郷飛行機株式会社を設立、代表取締役就任。
ドローンに関する豊かな知識識と経験でコンサルティング及び開発を行う。

このコンテンツはライト会員以上の方専用です。
ライト会員に登録すると続きをお読みいただけます。

ログイン 今すぐ会員登録

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し