AR技術を活用した新しいスポーツのカタチ

「テクノスポーツで世界に夢と希望を与える」というビジョンを掲げ、日本発のARスポーツ「HADO(ハドー)」を展開する株式会社meleap(メリープ)。

AR(拡張現実)技術とITを融合させ、ゲームとスポーツの要素を両方併せ持ったまったく新しいジャンルのコンテンツを創出した。
今でこそARを駆使した様々なサービスやエンターテインメントが身近な存在となったが、いちはやくその可能性に着目し、早い段階で開発に挑んだことで、ARスポーツの先駆けとして注目されるように。

今回は同社代表の福田浩士氏に、そのアイデアの源と今後の展望を伺った。

福田 浩士

HIROSHI FUKUDA

株式会社meleap CEO

東京大学大学院卒業後、株式会社リクルートに就職。2014年に株式会社meleap apを設立。独自のAR技術を活用しARスポーツ「HADO」を作りだす。

2016年からはAR・VR初の大会『HADO WORLD CUP』も開催。サッカーを超えるスポーツ市場の創造を目指す。

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録