特許業界を変えた男「いきなり!ステーキ」社長の「発明力」のヒミツとは?

独自のビジネス手腕が話題に上がり、何度もメディアを賑わしてきたステーキレストラン「いきなり!ステーキ」。

実は、その生みの親である一瀬社長は、その類まれなる発想力によって、ジャンルを問わず様々な特許を取得しており、「発明家」としての顔も持つ。
数々の発明を生みだした社長のアイデアの泉には、一体どんなものが眠っているのだろう。

一瀬邦夫

KUNIO ICHINOSE

「いきなり!ステーキ」を中心としたレストランチェーンを運営する
「株式会社ペッパーフードサービス」の代表取締役社長CEO。

「ビジネスモデル特許」として業界に新しい風を吹かせた「ステーキ提供システム」の特許をはじめ、ジャンルを問わず多種多様な特許の持ち主でもある。

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録