インフルエンサーによるモノづくりブランドdripが 2階建て構造のバックで特許出願

インフルエンサーによるモノづくりを行うD2Cカンパニーの株式会社ドリップ(本社:東京都目黒区)はバッグブランドLEKT(レクト)と共同で企画・開発した二階建てバックパックFLOORPACKを2021年3月17日リリースした。

このバック、インフルエンサーとしても活動する株式会社ドリップ代表の堀口英剛・平岡雄太のr両名が「本当に欲しいバックパック」をテーマに、1年の開発期間をかけて完成させたバッグで、最大の特徴はメイン収納を上部・下部で2つに仕切ることができる「2階建て構造」と呼ばれる独自の仕組みで、すでに特許出願済だ。

アイデアである収納部分の上下二階建て構造によって、バッグの底にあるモノも、上部にあるモノもスムーズに取り出せる構造。さらに上下を仕切るセパレートは面ファスナーで簡単に取り外しが可能で、細々したものを上下2つの部屋に分けて収納し、また、大きな荷物を持ち運ぶ時は仕切りを外して広々と1部屋としても使える。

さらに、「FLOORPACK」の最大の特徴は、この面ファスナー式の間仕切りで収納の数と大きさを自由に変化させられる機構にある。
仕切りの多いバッグは細かなモノをすっきりと収納できる反面、大きなモノを収納するのは苦手で、逆に仕切りの少ないバッグは大きなものを入れやすいが、モノをたくさん入れると中がゴチャゴチャしがち。そこで「中に入れたいモノによって収納の数や大きさを変えられないか?」をこのバックで実現した。

また、左右ではなく上下に仕切りを作って収納を分ける珍しい構造をしているが、この上下で区切ることには理由があり、バックパックは肩で荷重を支える構造になっているため、重い荷物はできるだけ肩の近くにあると重心が安定し軽く感じられ、逆にバッグの底面に重い荷物があると、肩からの距離が遠くなり荷物が左右に振られることで重く感じるとされている。

バッグの背中側には16インチまでのサイズが入るPC用の収納スペースが。ここはメイン収納とは別で仕切られているので、上下をセパレートして使っているときでも仕切りには干渉せずパソコンを収納できる。
この「2階建て構造」という独自の収納システムを搭載した新作バックパック「FLOORPACK(フロアパック)」はクラウドファンディングMakuakeにて発表し、その独自性とミニマルな見た目が多くの人に評価され支援者は4,600人以上、9,000万円を超える支援総額を調達ししている。

【引用・参照】
https://www.makuake.com/project/floorpack/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000026763.html

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録