「QRコード」はデンソーの登録商標だった!従って、使用には注意書きが必要。

「QRコード」とは、1994年に株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡、代表取締役:相良隆義)が開発した二次元コードの一種で、「QRコード」は一般名ではなくて、(株)デンソーウェーブの登録商標となっている。そのため「QRコード」と表記するときは、「QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です」という一文を記載しないといけない。

商標権では権利を侵害する者に対しては、侵害行為の差し止め、損害賠償等を請求できる。その文章を入れたくない場合は、「QRコード」と使わずに「二次元コード(バーコード)」と表記すれば問題はない。QRコードを制作すること自体は何にも問題ないようだ。

この『QRコード』は簡単にWebサイトに飛ぶことができるので、その便利さからお店や情報誌など、身近なところで見かける機会が多くなっている。そもそもQRコードの『QR』とは、一体何の略なのか。

QRとは、『Quick Response(素早く読み取る)』の頭文字を取ったもので、手続きや中継が必要なく、とにかく素早く情報を読み取ることを目的として開発され、日本初の技術で世界規模となった現在では利用する企業や人が増えている。

バーコードもQRコードも、情報を読み取るためのコードであるということに変わりないが、その性能や利便性に大きな違いがある。

バーコードは横列にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横で情報を有することができるため、バーコードよりも多くの情報を埋め込むことが可能だ。そのため、QRコードはWebサイトのURLやメールアドレスなど、長い情報であっても埋め込める。

もう一つの違いは、バーコードの読み込みには専用の機械が必要であるのに対し、QRコードはカメラやアプリなどスマホを使って手軽に読み込めることだ。そのため、スーパーやコンビニなどのレジ以外でも、多くのシーンでQRコードを利用できる。

ユーザーにとって手軽に情報を読み取れるのはメリットだが、企業側からしてもメリットは大きい。多くの人に情報を宣伝できる機会を容易に作りやすいため、QRコードを広報・サービスの入り口として取り入れている企業は多くある。

QRコードは、電子決済、HPへのアクセス、物流管理などの企業だけでなく、個人でも気軽に作成できる。ライセンスフリーで、利用料が徴収されることもない。

このように手軽に作成・読み込みができるQRコードだが、その手軽さによって偽造コードが作成されるケースもあり、そのため、QRコードを読み込む機器のセキュリティー対策も重要になってきている。

「QRコード」、知らぬ間に特許侵害・・・。は怖いですね。物(サイトなど)を作る際には、やはり特許ついても幅広い知識・確認が必要だということです。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。