宇宙ブームの昨今、「宇宙キャスター」をフリーアナが商標登録

商標宇宙キャスター

株式会社Creative2の配信するネットメデイア「ENCOUNT」によると、宇宙ブームの昨今、宇宙キャスターと称するフリーアナウンサーで、「日テレNEWS24」のキャスターを務めている榎本麗美が「今、『宇宙キャスター』というワードの商標登録を申請しています」と語っていることを伝えている。

「宇宙キャスター」と名乗ったのは約3年前。報道番組のキャスターをしながら宇宙の番組を自ら企画し始めた頃。CS放送の特番として放送されたことで周囲から認知されたという。

日頃、宇宙について、どんな活動をしているのか。大学ではバイオサイエンス学科で学んだ“リケジョ”というが、そもそも宇宙に興味を抱いたきっかけは。

「小学校低学年の時、自分はなぜ地球にいて、何で人間なのだろうという疑問を感じていました。宇宙の誕生から学びはじめ、どんどんのめり込んでいきました。未知の部分が多く、子どもの頃から今日までワクワクして生きてきました」と語っている。
また「ミドリムシを使ってバイオ燃料を作るとか体を健康にしようという会社が、宇宙にミドリムシを連れて行こうとしています。月で人が暮らすようになった時の食糧にとか、もし月に基地を作った場合、人間は息をすると二酸化炭素がたまるのでミドリムシをたくさん置いておけば光合成をして新たな酸素を加えなくても循環できるのでは、という研究をしています。バイオと宇宙は今、密接。時代が来たという感じです」とも語っている。

宇宙キャスターとしての主な活動を聞くと、その分野の先駆者的な存在とあらためて感じる。JAXA(宇宙航空研究開発機構)と民間企業が共創し、新しい技術を得て事業を創出する研究開発プログラム「J-SPARC」のナビゲーターを務めている。

キャスターとか、コンサルタントとかジャーナリストなどなど、資格名ではなく単なる職種名に〇〇をつけて、〇〇コンサルタントとか、〇〇キャスターとか、例えば通販コンサルタントとかお天気キャスターといったように。今回の「宇宙キャスター」も資格名ではなく、その職種名称を商標登録してしまったということです。いわば早いもの勝ちってことなのでしょうかね。