任天堂、「白猫プロジェクト」の特許権侵害をめぐりコロプラ訴訟の請求額を49憶→96億円に

任天堂コロプラ特許

スマートフォンアプリ「白猫プロジェクト」が特許権を侵害しているとしてコロプラが任天堂から、アプリの配信差し止めと損害賠償を請求されている訴訟について、同社は2021年4月21日、請求額が49億5000万円から96億9900万円に引き上げられたと発表した。 任天堂は2018年に、本件についてコロプラを東京地方裁判所に提訴。当初の請求額は44億円だったが、21年2月に「時間経過」を理由として49億5……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録