トークンでファンがさまざま関与しチームを≪自分ごと化≫「ジャングル」がビジネス特許取得!

特許ビジョン

ジャングルX株式会社(本社:東京都港区、Founder & CEO:直江文忠、以下 「ジャングル」)が、ブロックチェーン技術を使ったトークン等によってファンが、チームや選手のサポートや試合展開にまで影響を与え《自分ごと化》できるビジネスモデルについての特許、MSL® Biz(「Modern Sports League® Business」の略称)を取得したと2021年3月24日明らかにした。

ブロックチェーン技術の登場によって、その活用方法がさまざまに展開される中、プロスポーツチームにおいてもファンが応援し、支援することを目的とした「クラブトークン」という形での新たなファンサービス、クラブ支援ツールがすでに海外では登場してきている。

国内でもクラブトークン発行型ファンディングのような形でトークンと投票企画の参加権、特典への抽選応募権が付帯したサービスが提供され始めている。

一方で、スポーツにおいて、試合のチームメンバーや戦術を選ぶことはこれまで監督やコーチのみに特権が与えられ、ファンはその意思決定に関与することはもちろん、ファンがどのような声を持っているかということも、可視化されることはなかった。

そのため、本来であれば、価値を届ける対象として重視されるべきはずのファンの声は見過ごされ、ファンにできることは監督やコーチの決定事項を受け入れ、見守り、応援することのみとされていた。

欧州のサッカークラブでのソシオ制度などの会員特権も、スタジアムのチケットの優先購入やクラブの会長選挙の選挙権などに留まり、ファンが試合に対して影響を与えるまでには至っていない。

それに対し、多様なコンテンツに容易にアクセスでき、エンターテイメントが溢れる現代において、ファンにとって応援している証を示すことやそれに付帯する投票企画の参加権、特典への応募権は時間と金銭を投下するには物足りないものとなっており、今では、別の新たな価値体験を求めている段階に入っているとされている背景がある。

このMSL® Bizはこれまでのファンとスポーツの在り方を根本から見直し、チームや選手のサポートのみならず、戦術や試合展開にまで影響を与えることによって新たな価値体験をブロックチェーン技術とスポーツベッティングの観点から実現するモデルとなっている。

ファンはトークン等によってチームや選手に対し、直接的に影響を与えることになり、不可侵とされていた領域に入ることによって別次元の体験が得られることになる。(ドラフト、トレード、スターティングメンバーの選考、フォーメーション、選手交代、タイムアウト など)ゲームの世界で起きていたことが現実世界で実現されるモデルだ。

これにより期待される効果は《自分ごと化》されることで生まれる熱狂性、粘着性、そして新たなスポーツ文化の形成。また、アスリートにも予め付与されるトークンによって、アスリートが自分自身のパフォーマンスと連動した資産形成も可能と考えられるなど、まさにファンにとっての≪自分ごと化≫を可能にした仕組みのようだ。

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録