組織のなかで特許は技術者のノルマではなく権利、持っていなければただのオペレーター!?

ものづくりスペシャリストの為の情報ポータルメディア「MONOist」は2021年2月10日、特許は技術者のノルマではなく権利だと報じている。 特許の取得は、明細書を準備し、特許庁に出願することから始まる。出願の1年半後に出願内容が特許公報として公開される。特許の権利化を目指すのであれば、出願から3年以内に特許庁に審査請求を行う。大変なのはむしろここからで、審査結果が戻ってくるが、初回はほとんど拒……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録