Tesla(テスラ)社が、ワイパーに代わるレーザービームの特許を申請中

テスラ特許

ワイパーは自動車に欠かせないアイテムの一つで、手動式ワイパーが生まれたのは1900年代初頭ですでに100年以上の歴史がある。その後、電動ワイパー、間欠ワイパー、リアウィンドウ用やヘッドライト用などのワイパーも開発されてきたが、「ゴムの刃(ブレード)でガラスの水滴を拭きとる」という基本構造は今も変わっていない。 しかしながら、このほど公開された特許出願情報によると、Tesla(テスラ)社によって「……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録