試合展開と連動したプレイ予測内広告システム“スポーツベッティング配信技術”特許を「ジャングル」が取得

ジャングルX株式会社(本社:東京都港区、Founder & CEO:直江文忠、以下 「ジャングル」)は、スポーツの試合展開や状況に合わせた最適なタイミングで、適切な広告を提供する配信技術について世界初の特許インプレイ®アド(特許第6838753号)を取得したと2021年3月19日公表した。

スポーツへの広告出稿は企業イメージを高めると共に、チームや選手の活躍に応じて報道などによる二次的な露出が増えることから、認知を高める手段およびスポーツ団体・事業会社の運営を支える収益源として活用されてきた。しかしながら、従来のスポーツの広告は予め決められた広告枠について一定期間における表示・掲載に限られ、広告主はその広告効果を測定することが難しいとされていた。

また、スポーツを視聴しているファンにとっては、スポーツの体験と連動することのない広告は気に留める場面や機会がなく、スポーツを観戦しているファンと広告の間に断絶が起きている状態とも理解されている。

今回のインプレイ®アドの特許はそのような双方の課題を解決すべく、試合中の展開に応じて連動したブランドイメージ・商品・サービスを提供し、認知と試合体験の両方を高めることが可能となる世界初の配信技術だとしている。

既に、米国ではNBAの試合中にファンが、能動的なアクションを取ることによって、シューズの先行販売に参加できるキャンペーンが行われ、5100万のインプレッションを獲得するとともに、わずか6分で完売した事例が報告されている。(※1)このように、スポーツ体験に連動した広告は効果が高く、今後のスポーツにおける広告配信の新たなスタンダードになるものと捉えられている。(※1)2019年にNBA、Nike、Googleによって行われたNike Adapt BBの先行販売の事例

ジャングルでは、今回特許取得した技術を用いることで、スポーツに対する広告出稿の効果を試合単位、試合時間単位で可視化することが可能となると共に、受動的でない能動的なアクションからの商品やサービスの購入に繋げることを実現していくとしている。

【引用・参照】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000060786.html
https://junglejp.xyz/