MacBookシリーズで「マットブラック」色、準備中か?アップルが表面処理の特許を出願

プラスビジョン特許

Patently Appleによると、Appleが最近USPTO(米国特許商標庁)に提出した出願特許によって、同社はMacBookシリーズのマットブラック色オプションを研究していることがわかったとしている。

2020年5月提出の「マットブラックの外観を有する陽極酸化部品と題されAppleの特許出願書には、意図した仕上げに到達するための製造プロセスが詳しく説明されている。

ここで興味深いことは、Appleの目標は、「本物の黒に近い色」ではなく、明らかに「本物の黒」の仕上げに到達することにあるようだ。実際に「一般的にすべての可視光を吸収」し、現在存在している他のマットブラック仕上げよりも更に「真の黒の仕上げ」になるということだ。

その実現の為に、陽極酸化層の外面をエッチングして、外面から入射する一般的にすべての可視光を吸収する「光吸収機能」を形成するための技術が示され、さらに、これらの光吸収機能によって吸収されない可視光は、外面の加工によって拡散反射されている。その結果、外面は限りなく光沢の少ないマットな仕上がりに見えるとある。

2 Apple patent figs 1  2c-d

ちなみに2016年9月に発売されたiPhone 7では、つや消しブラック(マットブラック)のカラーバリエーションが用意されていたのだが、指紋が非常につきやすく傷つきやすいジェットブラックも。しかし今回の特許が実現すれば、もしかしたらこのジェットブラックのような漆黒の色でマットな仕上がりになり、指紋もつかないという最強の仕上げができあがるのかもしれない。

現行最新のiPhone 12 ProシリーズやApple Watch Series 6のステンレスモデルには「グラファイト」色の選択肢があるが、これらも日本語では石墨、黒鉛となり、Appleの仕上げ色はマットブラックというよりは墨の色で、かなりグレイに近い黒といえる。

Appleは今後MacBook ProやMacBook Airシリーズに真の黒、マットブラックモデルを導入するために動いている可能性があり、いわば需要先取りの動きと言える。

【引用・参照】
https://xiaolongchakan.com/archives/apple-may-be-working-on-a-matte-black-finish-for-macbooks.html
https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/12/would-you-love-to-own-a-cool-matte-black-aluminum-macbook-well-apple-researchers-are-working-on-just-that.html
http://appft1.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PG01&p=1&u=/netahtml/PTO/srchnum.html&r=1&f=G&l=50&s1=20200383224.PGNR