銀ナノ電子インクを発熱させる、厚さ1mmのUSBヒーター

USBヒーター

韓国の温熱機器メーカー、PARU社とZIVON社は、発熱可能な銀ナノインクを印刷した発熱体を薄型温熱治療器とする発明について、共同での特許出願(PCT条約に基づく国際特許出願)を韓国特許庁を受理官庁として行い、2017年10月20日に日本でも特許が認められた(特許番号:6228348号)。 この特許技術を用いて、『INKO Heating Mat HEAL(インコ ヒーティングマット ヒール)』……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録