「マツキヨ」も「ヨウジヤマモト」も今後登録困難に。人名を含んだブランド名の商標登録の運用に大きな変化

人名をブランド名にすることは戦略上、世界中で一般的なこと。同時にそれを保護するための商標登録は、日本では特許庁へ申請(出願)し、ほかに似たブランド名の登録や未登録であっても有名なブランド名がないかが審査され、なければ登録される。しかしここにきて、人名を含むブランド名は特有の条件があり、「(前略)他人の氏名(中略)を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く)」が大きなハードルとなっている。 ……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録