糸こんにゃくの表面を画期的製法で縮れさせ味しみアップ!!藤清と月桂冠が糸こんにゃくでユニークな製法特許を取得

糸こんにゃく

月桂冠の子会社である株式会社藤清(ふじせい、社長・嶋川賢一、本社・京都府城陽市)は、親会社である月桂冠と共同開発した糸こんにゃくの表面を縮れせた独自技術により製造特許(第67000467)を2020年5月7日付取得。その特許製法「ちぢれ風製法」により製造した糸こんにゃく「味しみ贅沢 ちぢこん」と、板こんにゃく「味しみ贅沢 板こん」を新発売したとこの度発表した。

この特許権は「ちぢれ風製法」と呼び、太さの異なる糸こんにゃくを複数本ランダムに絡め合わるアイデアによるもので、この方法で製造したこんにゃくを炊き上げると、通常の糸こんにゃくに比べ、ちぢれた状態になり、タレなどの調味料の味しみが25%アップすることが確認されている。
こんにゃくの製造方法の開発は藤清が進め、月桂冠は製品の分析や評価などを担い、この製法特許の権利化に至った。また、「ちぢれ風製法」で作った糸こんにゃくを板こんにゃくに配合することで、味染みが良い製品を製造できるメリットも見出したとある。

特許「ちぢれ風製法」により製造した糸こんにゃく(上の2本)、通常の糸こんにゃく(下の2本)

糸こんにゃくは生こんにゃく芋を乾燥させ製粉し、アルカリ性にして練り合わせたものを目皿の小さな穴を通して押し出し糸状に成型して製造するもの。
今回発明した「ちぢれ風製法」は、糸状に成型する際に通す目皿の穴の大きさや配置・個数を工夫することで、太めのもの1本、細めのもの2本の計3本が糸状となって押し出されると同時に絡まるように成型される工夫がされたもの。そのことによって太め、細めで、それぞれ硬度の異なる糸こんにゃくが絡み合った微妙な隙間に調理用のタレが染み込み、通常の糸こんにゃくに比べて25%多く保持されることが確認されている。

さらに、「ちぢれ風製法」により製造した糸こんにゃくを細かく刻んで板こんにゃくに40%配合し、タレで味付けして、通常の板こんにゃくとの比較を行った。その結果も、味覚センサーでの分析によると、特に「コクのある味わい」「味わいの広がり」が強調されることが判明。同時に、「ちぢれ風製法」による糸こんにゃくを配合した板こんにゃくは、官能検査でも通常の板こんにゃくと比較して有意に味の染み込みが良くなることが確認されている。

清藤と月桂冠のこのユニークな特許は、こんにゃく業界積年の「味がなかなか染みこまない」というシンプルな課題を解決する技術開発となり、今後、「ちぢれ風製法」を活用したこんにゃくの商品化に注力すると共に、この製法により造った糸こんにゃくの特性を生かして他の食品の素材として応用するなど、幅広く用途開発を進めると清藤は語っている。

【参照】

https://www.gekkeikan.co.jp/company/news/detail/155/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000062450.html
https://prtimes.jp/story/detail/Mxz0yofyzbE