Apple、ホームセキュリティカメラシステムで宅配物を検知~特許を申請

Appleが、セキュリティカメラを使った宅配物の検知および盗難監視システムの特許を新たに申請したことが明らかになったと、22年11月27日iPhone Maniaが伝えている。

Appleの特許出願には、カメラを使った宅配物の自宅や会社への配達、および集荷を検知するシステムについて記されている。特許システムは、宅配物の盗難、誤った配達、未到着の配達物などの問題を防ぐねらいがあるようだ。

宅配物の配達および集荷を特定するシステムに基づき、カメラに関連する通知設定が決定され、配達/集荷の通知が送信される。
特許図面1では、宅配物の配達および集荷を識別するために1つまたは複数のカメラを利用するシステムが示されている。

特許図面3は、動きの検出の前にキャプチャされた画像とみられており、配送トラックの姿が写し出されている。特許図面4では、自宅や会社の近くに荷物が置かれている様子が撮影されている。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://iphone-mania.jp/news-506380/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読