サイエンスアーツ、さらなる「現場DX」を推進するPTT通話との同時映像配信技術~米国にて特許を取得

株式会社サイエンスアーツ(所在地:東京都新宿区、代表:平岡 秀一)は、PTT通話との同時映像配信技術に関する特許「1対多のグループ一斉データ通信Buddycomの映像配信技術」を2022年11月1日に米国にて取得したことを11月28日公表した。

この発明は、音声を中心としたコミュニケーションプラットフォームであるBuddycomを、映像も含めたライブコミュニケーションへ進化させた技術であり、2020年12月に販売開始した「Livecast Lite」、「Livecast Enterprise」プランにて提供しているが、中長期的な海外展開を見据え、各国での出願を行っている。

また、1対多の音声データ通信を実現するPoC(Push-to-Talk over Cellular)で音声データを送信するとともに、映像データを別チャンネルで同時に配信する技術。これにより言葉だけでは説明が難しい現場の状況でも、配信映像を確認しながらコミュニケーションすることで、より正確な情報共有を実現し、チームメンバーが離れた場所にいても、ひとつのチームとして機能する「現場DX」を推進するもの。

さらにライブ配信した映像データは、音声通話データと同様にサーバーに保存され、後で再生やダウンロードできる。これにより、記録された作業内容を見直し、作業の改善を図ることが可能になる。

この発明によるライブキャスト機能は、現場での移動しながらの撮影も可能な上、ウェアラブルカメラ、定点カメラとしても利用が可能だ。昨今のコロナ禍では、出張が制限される中での国内・海外工場の映像を用いた遠隔チームコミュニケーションとしての需要が高いとしてる。

同社のBuddycomとはデスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォームで、音声や動画、位置情報(IoT)に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能で、航空、鉄道、建設、福祉施設、流通など様々な業種でのコミュニケーション手段として既に600社を超える現場で活用されている。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://www.buddycom.net/ja/articles/news/news_2022-11-28.html

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読