Appleらしい魅力的なそのデザイン—Mac Studioのデザイン特許を香港特許庁にて取得

香港特許庁が現地時間2022年9月23日、Appleが申請していたMac Studioのデザインに関する特許を付与したとiPhone Maniaが9月25日伝えている。

このデザインに関する特許は、同製品発表前の2022年2月2日に申請されていたもので、デザイン特許の申請書類には、Mac Studioの特徴的なデザインをカバーする、正面図、背面図、底面図など各部位の図表が添付されている。

このMac Studio の性能面についてもiPhone Maniaが 3月9日伝えている。底面面積19.7センチ四方とコンパクトな筐体ながら、底面の通気口から外気を導入し、本体背面から排気することで効果的な熱処理が可能で、高い拡張性を持ち、背面に4つのThunderbolt 4ポート、2つのUSB-Aポート、HDMI、ハイインピーダンスのヘッドホンに対応したヘッドホンジャックも搭載する。

前面には、USB-Cポート2つ、SDカードスロットが設けられている。Mac Studioには、M1 MaxとM1 Ultraを搭載可能で、27インチiMacやMac Proをも上回る高い処理性能を持つ。とくに、M1 Ultra搭載モデルは、Mac Proより90%高いCPU処理性能を持つ。グラフィック性能も高く、8KのProResビデオを18ストリーム処理が可能だ。

ビデオメモリは、M1 Maxで64GB、M1 Ultraでは128GBのユニファイドメモリを搭載可能で、Mac Studioは、エネルギー効率にも優れており、少ない消費電力で高いパフォーマンスを発揮することができるのも特徴となっている。

Appleは2022年10月に新製品発表イベントを開催、M2 Etremeを搭載する新型Mac Proを発表するとの噂があります。

そのパフォーマンスにおいてもまた、Appleファンのこころを掴んで離さないデザインにおいてもまたまた魅力的な製品となっている。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://iphone-mania.jp/news-490770/
https://iphone-mania.jp/news-443127/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読