Apple Watch、片手のジェスチャーだけでAssistiveTouch操作を可能にする特許取得

AssistiveTouchは、Apple Watch Series 4以降およびApple Watch SEが対応している。これらのApple WatchでAssistiveTouchを有効にすると、ピンチ(人差し指を親指にタップする)、ダブルピンチ(人差し指を親指に2回すばやくタップする)、クレンチ(手を握りしめる)により操作できるようになる。

Appleが今回取得した特許は、光学センサーを搭載したApple Watchによるジェスチャー認識、つまりAssistiveTouchに関するものだ。

光学センサーはApple Watchの底面に複数個搭載されることが想定されており、LEDなどの光源が発した光を受信し、ユーザーの手の動きの違いを検知する。

上記図表1は、Apple Watch(ウェアラブルデバイス:100)に搭載された光源(104および106)が発した光(108及び112)がユーザーの皮膚(116)で反射(110および114)され、光学センサー(102)で捉えられる様子を示したものとなっている。

図表1は、皮膚までの距離(118)が近い場合と、特許には記されている。

対して、図表2は、皮膚までの距離(220)が遠い場合で、皮膚で反射される角度が変わり、反射光(224および228)は光学センサーの中心付近に集まるのがわかる。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://iphone-mania.jp/news-479593/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読