島津製作所 PCR検査システム「京都モデル」の特許を無償開放 新型コロナウイルス感染者のクラスター発生抑止に貢献

島津製作所は、8月10日より、下水とヒトの2階建てPCR検査システム「京都モデル」に関する特許の新型コロナウイルス検査用途での実施権の無償提供について、個人または法人からの申し込みを受け付けることを公表した。

これは、島津製作所が2020年5月から参画する「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に沿って、「京都モデル」を社会実装して新型コロナウイルス感染者のクラスター発生抑止に貢献する目的で行うものだ。

「京都モデル」は、感染後、症状の有無に関わらず発症前から糞便にウイルスが排泄される性質を利用した検査システムで、高齢者施設・病院などのクラスター発生リスクが高い個別施設において、トイレ排水を含む下水を検査し、ウイルスが検知された際は施設利用者に対してヒトPCR検査を実施。感染者の早期隔離が可能となるほか、感染収束の見極めにも有効と考えられている。

島津製作所の子会社である島津テクノリサーチが開発し、これまで、京都市を中心に10以上の個別施設において、感染状況のモニタリングに有効である事を確認している。島津製作所および島津テクノリサーチは、2022年2月にビジネスモデル特許などを取得。

また、島津グループは、新型コロナウイルス検出試薬キットやクリニック向け全自動PCR検査装置の開発・販売、教育機関へのPCR検査センターの設立支援などを通じて、新型コロナウイルスの感染拡大防止に取り組んできている。

2022年2月には、塩野義製薬との合弁会社「株式会社 AdvanSentinel」を設立し、「京都モデル」を活用して下水モニタリングを通じた公衆衛生上のリスクマネジメントの取り組みを進めている。今後も、「京都モデル」に関する特許実施権の無償提供などの施策を通じて、新型コロナウイルス感染症という社会課題の解決に貢献して行くとしている。

■「京都モデル」に関する特許無償開放の概要

特許実施権の無償提供を受けるには、特許実施許諾申込書を提出。

・対象特許
特許第7031957号(感染症検査方法。ビジネスモデル特許)、特願2022-024052(検査方法及び試料採集キット。特許査定済)など
※具体的な特許の内容や実施用途並びに商標使用などについては、問い合わせが必要で、なお、島津製作所および島津テクノリサーチの保有する商標「京都モデル」は、無償提供の対象外となっている。
・無償提供を行う権利の範囲:新型コロナウイルスPCR検査用途での対象特許の実施権
・無償提供期間:世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症まん延終結宣言を行う日まで

島津製作所HPより「京都モデル」を用いた調査例


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://www.shimadzu.co.jp/news/press/shtncnyzwego6qyd.html
https://www.shimadzu-techno.co.jp/news/info/news210513.html

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読