なんと、Appleが睡眠を変える! 生体認証ヘルス機能が詰まった超ハイテク「スリープマスク」の特許出願

心身共に疲れているにもかかわらず、床に就いてから眠りに入るまで時間がかかるひとも少なくないのでは。それに対して、入眠しやすくため、部屋を暗くして静かな環境音を流す、といった方法など思い思いの対策を習慣にしている人も多いとされる。

近年、ヘルスケア関連の機能を強化するAppleが、この入眠を支援するための「スリープマスク(sleep mask)」と呼ばれるスマートなアイマスクを考案。実現に必要な技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間22年7月28日に「WEARABLE ELECTRONIC DEVICE」(公開特許番号「US 2022/0240016 A1」)として公開された。

デバイス向けに開発されたその特許が明るみに出ると特許関連のサイトのPatently Appleは7月28日、米国特許商標庁が公開したアップルの新たな特許資料の詳細を伝えている。

このデバイスは、AirPodsなどのイヤホンと組み合わせて使うことを想定したもので、音楽を聴きながら睡眠を促進させる次世代のスマート・アイマスクといった位置づけで、ユーザーの目を覆い、周囲の光を遮断するように設計され、お気に入りの音楽を聴きながらリラックスして睡眠を促進させる次世代のスマート・アイマスクだ。

「Sleep Mask」は、ユーザーの目と鼻の領域を中心に柔らかい布で構成され、耳にも程よくフィットする。AirPodsの関連製品とされてはいるが、形状は似ても似つかず全く新しいデバイスといってもいいだろう。

そして、「Sleep Mask」には数多くのセンサーが統合。オーディオセンサーや光学センサー、タッチセンサー、眼球運動センサー、血圧センサー、心拍数センサー、心電図センサー、脳波計センサー、フォトプレチスモグラフィーセンサー(血流速度を感知する)などで健康状態を確認できる。

さらに、圧力センサー、湿度センサー、温度センサー、水分センサーなど、小さなデバイスにあらゆるセンサーが目白押しだ。マイクは健康状態をモニターするだけではなく、オーディオ入力にも利用できる。

Appleは、睡眠モニタリングが健康管理において重要な役割を果たす可能性があることを早期に認識。2017年に睡眠トラッキングデバイスBedditを買収し、その後に睡眠モニタリングシステムの特許を出願。iOS 7では新機能「SleepTracking」を導入した。

すでにApple Watchなどのウェアラブルデバイスでは、健康に関する機能が充実しているが、「Sleep Mask」ではヘルス機能がさらに進化すると予想されている。

なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書であり、登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://realsound.jp/tech/2022/08/post-1092150.html
https://japan.cnet.com/article/35191882/
https://forbesjapan.com/articles/detail/49483/1/1/1?s=ns

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読