ウサイン・ボルトがあの「勝利ポーズ」を商標申請 お馴染みの“あのポーズ”のロゴでさまざまなビジネスを展開か

ジャマイカ出身の元陸上競技短距離選手で、現役時代はオリンピックで数多くの金メダルを獲得した陸上界のスーパースター Usain Bolt(ウサイン・ボルト)が、彼の象徴的な“勝利ポーズ”を商標申請したことが明らかになったとHYPEBEASTが22年8月24、ほか多くのメディアが伝えている。

Boltの“勝利ポーズ”といえば、試合後に彼が見せる天に向かって弓矢を射るような仕草のことで、彼の愛称から“ライトニング・ボルト ポーズ”とも言われている。Boltが2008年の北京オリンピックで世界記録を更新した際に初めてお披露目された“勝利ポーズ”は、その後彼を象徴するポーズとして世界中のファンに認識されている。

8月17日(現地時間)付で「USPTO(United States Patent and Trademark Office、米国特許商標庁)」に提出された出願書類には、Boltがこの“勝利ポーズ”をロゴとして今後幅広いビジネスを展開する計画が記載されているという。

ロゴについては“片腕を曲げて頭に向け、もう片方の腕を挙げて上に向けた特徴的なポーズの男性のシルエット”と説明されており、彼はこのロゴを用いてサングラスやジュエリー、バッグ、スポーツ用品といった商品のほか、レストランやスポーツバーなどを展開していくことが予想されている。
ボルトは12年前にも同様の商標登録を申請していたが、未使用のまま失効。ビジネス面においては、キャリアの中で、ブロードバンド速度を促進した Puma スポーツウェアや Virgin Media など、一連の企業の推奨に関与しているが2017年ロンドン世界選手権をもって陸上競技を引退。

その後、彼はプロサッカーに転向しようとし、オーストラリア側とのトライアルを行ったが契約に同意できず、2019年にスポーツでのキャリアが終わったと発表した。

今年36 歳の彼には多くのビジネスに関わっているが、彼が共同設立した同名の電動スクーターのレンタル会社は、先ごろ米国で閉鎖されたと伝えられている。

キャラクターが商標登録される事は珍しくはないが、特定の人物・キャラクターの「ポーズ」が申請されるのはあまり例がない。過去にスポーツ選手のシルエットがロゴになった代表的な例としては、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)のJumpmanロゴが最も有名だ。

また、仮面ライダーのキャラクターは商標登録されているが、その「変身ポーズ」は登録されていないので、タレントが変身ポーズをとった画像をSNSに上げても、権利侵害と言われる事はない。

今回はポーズというよりも、その「形」と言った方が正しく、おそらくシルエットなどとしてブランドのロゴと同様な感じで使用されると予想される。ボルトのあのポーズは誰もが知っているレベルなので、ロゴとしての効果は高いと思われる。

現時点(8月24日)時点ではまだ受理はされていないものの、受理される可能性は高いと思われ、「勝利のポーズ」のロゴが入ったスポーツ用品が今後日本でも販売されるかもしれない。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://hypebeast.com/jp/2022/8/usain-bolt-victory-pose-trademark-news
https://www.itexchange.jp/dg-media/20220825-01/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読