ここ数年、人気の「リカバリーサンダル」とは何なのか?その機能面での特許技術とは

ここ数年、ファッションアイテムとしても定着しつつある「リカバリーサンダル」。しかし、それがどのようなサンダルなのか、フツーのビーチサンダルとどう違うのか詳しくは知らないという人も多いのでは。

「リカバリーサンダル」とはその名の通り、足の回復を目的とした機能的な新カテゴリーのサンダルのこと。近年になって開発された新しいコンセプトのフットウェアで、スポーツやトレーニング後の足の疲れを癒す工夫や特許技術で各社から発売されている。

工夫、特許機能とは、リカバリーの名の通り脚の“疲労回復”を目的としたもので、足裏にフィットするフットベット(中敷)やクッション性に優れたソールを採用したものが多く、歩行による脚腰への負担を軽減する機能性が売りだ。日本では数年前からランナーをはじめスポーツを楽しむ人の間で普及。

そのアイテムのひとつリカバリーサンダルの特徴は、まずその構造にあり、土踏まずを支え、足全体を包み込むような形状のフットベッドが多くのモデルで採用されており、足にかかる負担を最小限に抑えられるようになっている。また、クッション性や衝撃吸収性に優れたソールを搭載しており、歩行時の衝撃を低減してくれるのも特徴。それにより生まれる抜群の履き心地に魅了され広まっている。
リカバリーサンダルのパイオニアといえば「OOFOS」。読み方は「ウーフォス」。「OOFOSS®(ウーフォス)」は、2011年米国・マサチューセッツ州にて誕生したリカバリーシューズブランド。

熟練の靴職人・一流のアスリート選手やトレーナーから構成される開発チームが一丸となって、約2.5年かけて完成させたのが全く新しいフットウェア。従来の一般的なシューズは地面と自重による衝撃も強く、膝や腰などへの負担も多いという悩みから、その衝撃を吸収し着地する時の衝撃を軽減できるものができないかと試行錯誤し製品化に成功している。

はじめてOOFOS®に触れたとき、まず感じるのはその驚くべき軽さ。そして足を通してすぐにその違いを知ることになる。これこそが、従来の競技用シューズに使われるEVA (エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)とは異なる、37%もの衝撃吸収を可能にしたリカバリー技術 – OOfoam(ウーフォーム)なのだ。言い換えれば、1歩踏み出すたびに3分の1もの衝撃を減らしていることになる。運動の後、足や関節がストレスを感じる代わりにOOfoamと特許取得のインソールがその衝撃を受け止めるので、全身のリラックスや再生・回復が可能になる。

この革新的な保護性能が認められ、全米足病医学協会からの認定を取得。カラバリの豊富さやポップなルックスに目が行きがちだが、その本質はあくまで、足の健康をサポートする超ハイスペックサンダルなのだ。

そしてもう一社、国内では、株式会社TENTIAL(所在地:東京都中央区、代表取締役CEO:中西裕太郎、以下テンシャル)の展開するウェルネスブランド「TENTIAL」は、特許技術「キュボイドバランス理論」を採用し全身をリカバリーするサンダル「RECOVERY SANDAL Conditioning Flip flop」を22年7月より販売開始している。

日本人女性の8割、男性の6割が足指が浮いている「浮き指」と言われており、浮き指により姿勢が崩れ、肩こりや腰痛を引き起こす原因とも言われている。この課題に対して、テンシャルでは特許技術「キュボイドバランス理論」を用いたインソールを提供することで解決している。

特許技術「キュボイドバランス理論」とは、足の中で核となる骨「立方骨」を押し上げ、足裏にアーチができることで指先に正しく力が入るようにする特許技術で、足が持つ本来の運動性と安定性を引き出し、体幹と姿勢を安定させる。

「RECOVERY SANDAL Conditioning Flip flop」はこの特許技術のインソールを用いたサンダルで、特許技術の効果が最大限発揮される固さにすることで、姿勢矯正による全身のリカバリーを実現している。

疲れた大人の足腰に優しく寄り添ってくれるあらたなカテゴリーの「リカバリーサンダル」。この高い“機能性+優れたデザイン性”でますます日常的な商品になっていくことは間違いなさそうだ。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe503f2d5407ce57f754f4e4485e95d0e2c1bb39?page=1
https://www.oofos.jp/index.html
https://mens.tasclap.jp/a3639

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読