TikTok、音楽ストリーミング事業に参入か〜商標から明らかに 世界の音楽配信サービスがさらに競争激化も

動画SNSとして圧倒的な存在感を放っているTikTokが、音楽ストリーミングサービスにも進出する可能性が商標登録から明らかに。これは世界の音楽配信サービス市場の競争が一段と競争激化し、中でもApple Musicの強力な競合相手となることが予想されると、iPhone Maniaほか各メディアが22年7月伝えている。

Business Insiderによると、TikTokの親会社であるByteDanceが、米国でTikTok Musicという名称の商標を5月に申請していたことが分かり、公式には明らかにされていないため具体的な詳細は不明だが、名称やトレードマークから音楽ストリーミングサービスを展開する可能性が非常に高いと考えられている。

すでにTikTokは、全米トップチャートであるBillboard 100のほか、SpotifyやApple Musicの上位ランキングにも数多くの楽曲を送り込んでいるだけに、サービス開始と同時に、Apple MusicやSpotifyなどのライバルになることは間違いない。
とはいえ、TikTokの道のりはここまで決して順風満帆なことばかりではない。最近も目玉機能として計画していたショッピング機能が、英国での実験で大失敗し、またドナルド・トランプ米政権時代には、中国に個人情報を流出させている“スパイアプリ”の筆頭格として目の敵にされ、中国本土での事業とその他の海外事業を切り離す憂き目にあったほか、一時はMicrosoftのほか、WalmartやOracleへの身売りが真剣に検討されたこともあったと言われている。

この音楽配信サービスの市場、音楽業界団体IFPIは22年3月22日、世界の音楽市場の2021年売上高が前年比18.5%増の259億ドルになったと発表し、増加は7年連続で、音楽ストリーミングサービスの有料会員増が寄与しているとしている。

そのストリーミング配信サービスの売上高は21.9%増の123億ドルで、昨年末時点の有料会員は計5億2300万人を超え、広告付きを含む全てのストリーミングサービスの売上高は24.3%増の169億ドル。音楽業界全体の売上高に占める割合は65%となっている。

その中で、アップルの有料の音楽配信サービス「Apple Music」は世界100カ国以上で始めたのは15年6月。音楽ダウンロード販売で確固たる地位を築いた同社が、次に目指したのが聴き放題のサブスクリプションサービス(音源をローカルデバイスに保存しない「ストリーミング」サービス)だった。

その狙いは見事に当たり、米国では16年、音楽ストリーミングサービスの年間売上高が同国全レコード(録音)音楽売上高の51%になった。Apple Musicは現在、スウェーデンのスポティファイ・テクノロジーに次ぐ規模のサービスとなっている。JPモルガンはApple Musicの売上高が25年までに約70億ドル(約9400億円)に達すると予測している。

TikTokは全世界で30億ダウンロード、10億人の月間アクティブユーザーを有しているとされ、10億人はiPhoneユーザーに匹敵する数。このTikTokがもしこの市場に参入すれば、Apple MusicとSpotifyは深刻な競争を繰り広げることになるだろう。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://iphone-mania.jp/news-472466/ https://9to5mac.com/2022/07/28/tiktok-music-competition-apple-spotify/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読