AirPodsシリーズに高感度超音波式タッチセンサー搭載計画か? Appleが特許出願

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年6月30日、Appleが出願した、AirPodsシリーズに高感度超音波式タッチセンサーを搭載する特許を公開したことをiPhone Maniaが22年7月2日伝えている。

AirPodsシリーズに高感度超音波式タッチセンサーを搭載した場合の有用性についてPatently Appleは、タッチ部が濡れていたり、冬に手袋を着用して操作したりする際の反応に優れると述べている。

それに対し、静電容量式センサーでは、導電性があり固定されていない物体である水滴が付着した状態、絶縁体である手袋を着用した際の操作などにおいてユーザーの意図した通りの反応が得られないことがあると、Patently Appleは指摘している。

ただし、高感度超音波式タッチセンサーも万能ではなく、ユーザーが意図しないタッチ(操作を目的とせず偶然触れるなどした場合)に反応し、不要な超音波の反射波を生じさせてしまう場合がある。

今回公開された特許には、こうした意図しない超音波の反射波による誤反応を低減、除去する仕組みが記載されている。

下記図表1には、高感度超音波式タッチセンサーを搭載するデバイスとして、ヘッドホン(160)が取り上げられている。

図表2では、意図しない超音波の反射波を低減、除去する流れが示されている。

下記図表16Bには、AirPods(1600)のステム(軸:1602)内部に高感度超音波式タッチセンサー(1668)を搭載することが記されている。

図表10では、AirPodsのステム(1002)内部の、超音波(1012)の発信部と受信部(1034)が確認できる。


【オリジナル記事・引用元・参照】

AirPodsシリーズに高感度超音波式タッチセンサー搭載計画か?特許出願

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読