英語の中で最も使用頻度が高い「THE」の商標登録を、アメリカ特許商標庁が認める

英語で使われる「THE」は、すでに会話の中で言及されているもの、あるいは読み手・聞き手にとって既知のものを示す名詞の前につく定冠詞で、英語の中で最も使用頻度が高い単語です。そんな「THE」の商標登録を、アメリカ特許商標庁が2022年6月21日に認めたことをGigazineが22年6月27日伝えている。この商標はTシャツ・野球帽・その他帽子に適用されます。

「The University of~」の形でない限り、大学名には一般的に定冠詞はつきませんが、オハイオ州立大学は「The Ohio State University」が正式名称であり、定冠詞を含みます。オハイオ州立大学は1870年に設立された当初は「Ohio Agricultural & Mechanical College(オハイオ農業工業大学)」と呼ばれていましたが、オハイオ州を代表する教育機関であることを示すために、1878年に「The Ohio State University」と改称しました。

アメリカでは大学名をイニシャルで省略して表記することがありますが、オハイオ州立大学の「OSU」は、オクラホマ州立大学(Oklahoma State University)やオレゴン州立大学(Oregon State University)と略称が同じになってしまいます。そこでオハイオ州立大学は1980年代中頃から、他大学と区別するために定冠詞である「THE」を強調するようになったという経緯があります。

1990年代には、アメリカンフットボール部のコーチがオハイオ州立大学の選手に「大学名を言う時、必ず『THE』を発音し、記者にもそのように伝えること」を命じたとのこと。オハイオ州立大学でスポーツをプレイする選手たちは、テレビなどで大学名が定冠詞まで含めて表示されることを誇りに思っているそうで、この大学名についている「The」がオハイオ州立大学の代名詞となっているそうです。

実際にオハイオ州立大学の公式アイテムショップでは、「THE」Tシャツが販売されています。

しかし、2019年にアパレルデザイナーのマーク・ジェイコブス氏が「THE」の商標を申請したことで、オハイオ州立大学が「THE」の衣料品やアクセサリーを販売できなくなってしまいました。

そこで、オハイオ州立大学はジェイコブス氏の申請に異議を唱え、特許商標庁に同じく「THE」の商標を提出しました。その後、オハイオ州立大学とジェイコブス氏は合意に達し、両者が継続して「THE」ブランドを商標登録してライセンスすることが可能になったそうです。

オハイオ州立大学の広報担当者であるベンジャミン・ジョンソン氏は「『THE』は長年にわたってオハイオ州立大学のコミュニティで叫ばれてきた言葉です。私たちは大学のブランドを保護するために、『THE』を商標登録しました。オハイオ州立大学の商標およびライセンスプログラムは年間1250万ドル(約16億8000万円)を稼ぎ出しており、学生の奨学金や講義内容に充てられています」と語りました。

商標に詳しい弁護士のジョシュ・ガーベン氏は、「大学は昔から商標に非常にこだわり、商標権を行使するために多くの時間を費やします。大学のブランドには大きな価値があるのです」と述べました。

なお、オハイオ州立大学で言語学を教えるブライアン・ジョセフ教授は「『THE』は大学名にとって不可欠な部分ではなく、ある意味では抽象的なレベルで実際には存在しないものです。例えば本学の学生は『Ohio State University students』と呼ばれるべきであり、『The Ohio State University student』というのはおかしな響きがする言葉です」と述べ、定冠詞に固執することで英語をゆがめるべきではないと主張しています。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://gigazine.net/news/20220627-the-trademarked/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読